樹木希林が河瀬直美監督に恨み節

写真拡大

第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された河瀬直美監督作『光』の初日舞台挨拶が、5月27日に新宿バルト9で開催。水崎綾女、神野三鈴、藤竜也、樹木希林が登壇し、現在カンヌにいる永瀬正敏と河瀬監督はスカイプで参加した。樹木は河瀬監督をまねた関西弁で、河瀬監督とのやりとりを披露し、会場を笑いに包んだ。

【写真を見る】水崎綾女の赤のドレスの全身ショット

樹木は「『最後までカンヌにおりたいから行かれへんねん。それで代わりに行ってくれへん?』と。私は『なんで私が初日に行くんですか?』と聞きました。よっぽどもの好きなおばあさんだと思われるでしょ」と言うと会場は大爆笑。

さらに“希林節”が炸裂する。「(音声ガイドの)ナレーションをやったんですが、あれはタダじゃないですか。これで最後だからと。もう『困った時の樹木希林というのはナシよ』とお断りしましたが、強引な宣伝部に言われて来ました」と苦笑い。

樹木は河瀬監督の現場について水崎に「大変だったでしょ。自殺しようかと思わなかった?消えてなくなりたいとは思わなかった?」と質問すると、水崎は「大丈夫です。必死にくらいついていこうと思ったので」と答えると、樹木は「それだけの値打ちはあったよね」と水崎を称えた。

その後、永瀬正敏と河瀬監督がスカイプでつながりスクリーンに登場。樹木は「何か賞をちょうだいできればこんなに幸せなことはないんですが、脚光を浴びた時、いろんな人々の心が渦巻くんです。うわっと変わることによりつぶれるか、花を開くのかが器量なんです。永瀬さんは賞で一喜一憂する人じゃないし、河瀬さんは元々ちょっと勘違いしているところがありますから。どの女優よりも素敵な洋服を着てくるし。そのへこたれなさがあれば、大きな賞をもらおうがもらわないでいようが変わらない。これからも良い映画を作ってもらえたら」とエールを贈った。

河瀬監督は「もちろん現地で受賞のこととかは言われます」と言いながら「私はこの映画を作って、暗闇の中で観終わった人たちと一体感を感じられるのがすごくうれしい。映画は人とつながっていく瞬間の出会いを作ってくれる。いま、希林さんが賞は問題じゃないんだよと言っていただけたことでぐっと来ました。これからも映画を真摯に作り上げていくところに光がある」とかみしめた。

『光』はやがて視力を失う運命にある天才カメラマンと、ひとりの女性との出会いを描く切ないラブストーリー。河瀬監督の前作『あん』(15)でも組んだ永瀬正敏が主人公のカメラマンを演じ、水崎綾女が映画の音声ガイドの制作に携わるヒロインを務めた。【取材・文/山崎伸子】