【婚活コンサルタント監修】「バツイチ婚活」の成功テクニックとは?

写真拡大

一度離婚を経験しても、新しいパートナーと結婚して幸せになるケースは多いですよね。しかし中には、バツイチであることを引け目に、新しい恋愛や結婚になかなか踏み出せない女性も。そんな女性たちに向けて、今回は男性100人の意見と専門家のアドバイスから、「バツイチ婚活の成功テクニック」をご紹介します。

■男性に聞いた「バツイチ女性との恋愛・結婚」

バツイチの女性が婚活に前向きになれない原因として、「男性からどう見られるのか」という不安があるのでしょう。婚活サイトやパーティを活用し、出会いを増やしたとしても、「バツイチだから」「子持ちだから」という理由のみで男性と進展しないのは、非常に切ないこと。実際、男性たちは「バツイチ女性との恋愛や結婚」をどう考えているのか、調査していきましょう。

◇バツイチ女性は恋愛・結婚対象になる?

最初に確認しておきたいのは、「バツイチ女性は恋愛・結婚対象になるの?」という点。世の男性たちの本音を聞いてみました。

Q.あなたにとって、バツイチ女性は恋愛・結婚対象になりますか?
はい……67.0%
いいえ……33.0%
(※有効回答数:100件)

「恋愛・結婚対象になる」と答えた男性が7割近くいるという結果に。ちなみに、20代・30代で回答率に差が出るかどうかも比較してみました。

・20代男性
「恋愛・結婚対象になる」67.6%
「恋愛・結婚対象にならない」32.4%
(※有効回答数:37件)

・30代男性
「恋愛・結婚対象になる」66.7%
「恋愛・結婚対象にならない」33.3%
(※有効回答数:63件)

男性の世代による回答率の差は、ほとんどありませんでした。年齢にかかわらず、バツイチ女性を恋愛・結婚対象として考えられる男性は多いようですね。

◇男性が思う「バツイチ女性の魅力」とは?

男性たちはバツイチ女性に対して、どのような魅力を感じるのでしょうか? 男性たちが思う「バツイチ女性の魅力」をご紹介します。

☆人生経験が豊富

・「人生経験が豊富で、自分の気持ちを考えてくれそう」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「一度人妻になっているわけだから、いろいろと経験が豊富」(33歳/その他/事務系専門職)

・「一度失敗して、経験を積んでいるので、相手を思いやりそうだから」(37歳/小売店/その他)

一度結婚し、そして離婚をする。この経験は、きっと女性の糧となっているはず。その分、相手を思いやる力にもあふれていて、豊かな関係を築けるのでは……と考える男性も多いようです。

☆現実を知っている

・「現実を知っていて、すれちがいがなさそう」(30歳/情報・IT/その他)

・「バツイチのほうが妥協を知っている」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

未婚女性の場合、結婚をひとつの「夢」と捉え、暴走してしまうことも。しかし一度結婚していれば、結婚生活や男性の実態について耐性があるはずです。「こんなはずじゃなかった」という思いも、少なくて済むのでしょう。

☆母性がある

・「母性がすごく感じられるのと、経験が豊富だから」(32歳/情報・IT/技術職)

・「落ち着きがあって、何かと安心できそう」(30歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

女性特有のやわらかな雰囲気や、自分をやさしく受け止めてくれるような母性は、バツイチ女性の魅力のひとつ。気づかいや包容力を見せることで、母性をアピールできますよ。

★男性意見・まとめ

うまくいかなかった結婚生活も、自分の歴史の一部です。過去の失敗も、そこで得た学びも、丸ごと受け入れてくれるような男性と出会うことができれば、幸せへの新たな一歩を踏み出せるでしょう。

■「バツイチ婚活」の不安、専門家がまるっと解決!

続いて、専門家の見地から「バツイチ婚活」の不安を解消してもらいましょう。カリスマ婚活コンサルタントの澤口珠子さんに聞いてみました。

◇バツイチ女性の婚活は難しい?

バツイチ女性の婚活が難しいかどうかは、その女性の考え方次第です。バツイチになった自分に負い目を感じ、自分を卑下するようでは、婚活は難しいでしょう。バツイチかどうかは関係なく、そのような女性には誰も魅力を感じませんよね。

逆に、バツイチになった自分に誇りを持ち、前向きに生きている女性は、男性から見ても魅力的です。また男性の意見として、「バツイチ女性は、一度は男性に選ばれているので、魅力的な女性が多い」という声もあります。初婚の女性を望む男性もたしかにいますが、女性の過去を気にしない男性だって多くいますよ。

女性は年をとればとるほど、経験の豊かさが内面の魅力につながっていきます。バツイチになった途端にモテ期が到来したという女性の友人もいるので、自信を持って婚活してくださいね。

◇バツイチでさらに「子持ち」だと、婚活は難しい?

これも、女性の考え方次第でしょう。バツイチ子持ちの自分を卑下しているようでは難しいと思います。逆に、子どもを愛し、自分の人生に責任と誇りを持ち、前向きにがんばっている女性のことは、男性もサポートしたくなります。将来子どもがほしいと思っている男性には、すでに子どもを生んだ実績がある女性は心強いでしょう。

また、「もう子どもは必要ない」と思っているバツイチ子持ち男性の場合、初婚で子どもをほしがる女性は脅威になります。そんな男性にも、すでに子どもがいるバツイチ子持ち女性は、新たに子どもを作らなければならないプレッシャーが少ないので、魅力的に感じるでしょう。

◇「離婚歴・離婚した理由」は、相手にいつ伝えるべき?

「離婚歴・離婚した理由」は、出会った当初から積極的に伝える必要はありません。これは離婚歴だけにかかわらず、自分の恋愛遍歴も、最初の段階ですべて明かす必要はないです。

ただし、男性に聞かれたり、結婚観などの話の流れになったりした場合には、正直にお話しましょう。また、男性から正式な交際を申し込まれたときも、そのタイミングで必ずお伝えしてください。ここで伝えておかないと、あとあとトラブルになりかねません。誠実なお申し出には、誠実な対応を心がけてくださいね。

◇自分と同じ「バツイチ男性」と再婚したほうがうまくいく?

心理学的には、共通点が多ければ多いほど、人は仲よくなりやすくなります。お互いバツイチ同士だと、わかり合えることも多いので、結婚まで進みやすいでしょう。結婚に求めるものもはっきりしていて、結婚に対する変な憧れや期待もないので、結婚後の生活もうまくいきやすいです。

ただ、離婚した理由はさまざまですし、離婚から何も学んでいないバツイチの方もいます。必ずしも「再婚同士だから絶対うまくいく」というわけではないので、初婚同士のお付き合いと同じように、お互いに思いやりを忘れずに愛を育みましょう。

■専門家に聞いた! バツイチ女性におすすめの婚活方法・3つ

バツイチ女性が婚活しようと思ったとき、まず決めるべきは「婚活方法」。今は、婚活サイト・婚活アプリ、婚活パーティ、結婚相談所など、多種多様な婚活サービスがありますよね。澤口珠子さんに、バツイチ女性におすすめの婚活方法を3つ聞いてみました。

◇婚活サイト・婚活アプリ

まずは、ここ数年で多くの会社がサービスの提供をはじめ、利用者が拡大中の「婚活サイト・婚活アプリ」。実際に澤口さんも、マッチングアプリで出会った男性と成婚に至った実績があるとのこと。ネット婚活のメリットや選び方、活動のポイントは何なのでしょうか?

☆「婚活サイト・婚活アプリ」のメリット

婚活サイト・婚活アプリのメリットは以下の4つです。

(1)「いい男」が多い

いい男は仕事が忙しく、合コンやパーティに行く時間を確保するのが難しいです。そのため、一番効率のいい婚活方法「ネット婚活」を活用する男性が多いです。また日常的にモテるため、高額な結婚相談所などにはなかなか出回りません。

(2)効率がいい

ネット婚活では、年齢や年収・学歴・居住地など、好みの条件で男性をフィルタリングできます。また、複数の男性たちと同時並行でメールやチャットをし、タイミングの合った男性からデートしていくことが可能です。

(3)気軽にできる

ネット婚活で出会った男性とは、「成婚する」「二度と会わない」という2択以外に、飲み友だちや趣味友だちになったり、合コンを開いてもらったりと、今後の関係性の幅が広がります。

(4)離婚歴をプロフィールに記載できる

ネット婚活では、自分のプロフィールに「離婚歴」や「子どもの有無」を記載できるサービスも多いです。バツイチに理解のある異性のみとマッチングしたい場合は、離婚歴などをプロフィールに記載してもいいでしょう。

☆「婚活サイト・婚活アプリ」の選び方

必ず、婚活サイト・婚活アプリ運営会社のホームページをチェックしましょう。上場している、プライバシーマークを保有しているなど、信頼できる会社が運営している婚活サイト・アプリなら安心です。

婚活サイト・アプリは、女性は基本無料で、男性が有料なサービスが多くあります。しかし、男性も無料で登録できる婚活サイト・アプリは、遊び目的の男性が多い傾向があるので避けましょう。

☆「婚活サイト・婚活アプリ」で婚活するときのポイント

「質」は「数」に比例します。とにかくたくさんの男性と実際に会うことを目標にしましょう。目安は、マッチングしてから1カ月以内にその男性に会うこと。実際に男性に会うまでの時間と労力は、できるだけ少なくするのがネット婚活成功の秘訣です。メッセージのやり取りは、お互いを知るためではなく、「会う日時を調整するためのもの」と割り切りましょう。

実際のところ、直接会わないと相手のことは何もわかりません。どんなに男性の写真やプロフィールが自分好みで、メッセージで盛り上がったとしても、実際に会った瞬間、本能的に拒否したくなることもあります。お互いをよく知って関係性を深めるのは、実際に会ってからで十分です。

それから、男性から返事が来なかったり、いきなりアプリを退会されたりしても、落ち込む必要はまったくありません。何度も言いますが、「質」は「量」に比例します。ネット婚活にはいい男がたくさんいるので、どんどん新しい男性との出会いを開拓していきましょう!

◇婚活パーティ

次は「婚活パーティ」のメリットや選び方、活動のポイントをご紹介します。今はいろんなタイプのパーティがありますが、どのように活動すればいいのでしょうか?

☆「婚活パーティ」のメリット

婚活パーティのメリットは以下の3つです。

(1)一度に大勢の男性と出会える

婚活パーティは、大きいものだと50〜100人規模のパーティもあります。そのため、一度で多くの男性と出会うことができます。

(2)独身で、結婚願望がある男性が多い

合コンではなく、あえて「婚活パーティ」を選ぶ男性は、結婚を目的としていることが多いです。そのため意気投合したら、スムーズに結婚まで進むことができるでしょう。

(3)パーティの種類が豊富

最近は、年齢や職業だけでなく、「オタク婚活パーティ」や「クッキング婚活パーティ」など、趣味・嗜好別の婚活パーティも増えてきています。また「バツイチ理解者限定パーティ」や「再婚者限定パーティ」などもあります。自分に合ったものを選択できるのがメリットです。

☆「婚活パーティ」の選び方

男性が回転寿司のように女性をまわって1対1でお話する、典型的な婚活パーティは、一人ひとりの男性とお話する時間が短い場合が多く、ぱっと見たときの「第一印象がすべて」となります。そのため、かっこよくて高年収な男性と、若くて綺麗な女性に人気が集中しがち。自分の第一印象に自信がない女性は、このようなパーティに参加すると嫌な思いをしてしまう可能性があります。

そんな第一印象に自信がない女性におすすめなのが、「オタク婚活パーティ」や「クッキング婚活パーティ」、「アウトドア好き婚活パーティ」など、何か共通の趣味・嗜好があることが参加条件の婚活パーティです。共通の話題で盛り上がれますし、お料理などの共同作業ができることもあり、居心地の悪さを感じなくて済むでしょう。大人数ではなく少人数規模で、一人ひとりの男性とゆっくり話す時間が取れるパーティもおすすめです。

☆「婚活パーティ」で婚活するときのポイント

何度も言いますが、通常の婚活パーティは「第一印象がすべて」。初対面の男性に、最大限好印象を残せるように努力しましょう。第一印象のほとんどは外見で決まりますので、男性が好みそうな女子アナ風のファッションをして、自分に似合うパーソナルカラーのアイテムを身につけてみてください。ブランド物が好きでも、婚活パーティに参加するときは、なるべくブランド物を持たないようにしましょう。

◇結婚相談所

最後に「結婚相談所」のメリットや選び方、活動のポイントを聞いてみました。もっとも結婚というゴールに近いイメージがありますが、実際どうなのでしょうか?

☆「結婚相談所」のメリット

結婚相談所のメリットは以下の3つです。

(1)結婚願望の強い男性と1対1で出会える

結婚相談所は、「結婚したい」という強い意思を持った男女が集まるサービス。真剣に結婚を考えている男性と、1対1で出会うことができます。

(2)相手のプロフィールに詐称がない

基本的に、結婚相談所は「独身」「学歴」「年収」などを証明する書類の提出が必須です。そのような結婚相談所なら、プロフィールに詐称がないので安心です。

(3)トラブルが起こっても安心

男性と何かトラブルが起こったときも、結婚相談所が間に入ってくれます。男性を見る目に自信がない女性や、恋愛・交際経験が少ない女性は、安心して活動できます。

最近は地方自治体など、市町村が運営している結婚サポートセンターなどもあります。とても割安で、親身に相談に乗ってくれるのでおすすめですよ。

☆「結婚相談所」の選び方

ひとつではなく、必ず複数の結婚相談所に説明を聞きにいくことをおすすめします。最低でも3つの結婚相談所に直接話を聞きにいき、比較検討するようにしてください。

最初に行った結婚相談所で、勢いで入会を決断しないことが重要です。どんなに素敵な男性会員を見せられても、その男性と実際にお見合いできるかどうかはわかりません。自分と年齢・年収などスペックが同じ女性会員が、大体どれぐらいの年齢・年収の男性とお見合いしているのか、マッチング率や成婚率などもしっかり聞くようにしましょう。それをきちんと数字で答えられない結婚相談所は、避けたほうが無難です。

また、しつこく入会の勧誘をしてくる結婚相談所や、あなたの年齢や人格を否定して焦らせたり、脅してきたりするような結婚相談所は避けましょう。

☆「結婚相談所」で婚活するときのポイント

(1)入会前に「担当者」を確認する

結婚相談所は、担当者(担当カウンセラー)との相性が重要です。入会時の説明を担当した人と、入会後の担当者がちがう場合もあるので、入会前に必ず担当者の確認を行いましょう。もし合わないと思ったら、遠慮せずにすぐに担当者を替えてもらうようにしてください。担当者と相性が合わなくてストレスがたまったり、悩んだりして、自身の婚活がうまくいかなくなると本末転倒ですよね。

私の元にも、結婚相談所の担当者との関係に悩んで、相談に訪れる方が多くいらっしゃいます。ビジネスライクではなく、親身に相談に乗ってアドバイスをくれる担当者を選びましょう。

(2)お目当ての男性とうまくいかなくても気にしない

もうひとつのポイントは、お目当ての男性とお見合いが成立しなかったり、交際に発展したりしなくても、気にしないこと。結婚相談所という、ごく限られた世界での評価に一喜一憂する必要はないです。そんな小さな世界で、あなたの価値は決まったりしません。自分を卑下したり自信をなくしたりせず、楽しんで活動するようにしましょう。

■まとめ

最近は離婚率も上昇しているので、バツイチ女性が新たな恋愛・結婚をするケースは、決して珍しいことではありません。バツイチ女性に好意的な男性も多いので、「どうせ私はバツイチだから……」と引け目を感じて、何も行動しないのはもったいないですよね。今回の記事を参考に、新しい幸せに向けて一歩踏み出してみてください。

(監修:澤口珠子、文:ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年5月2日〜5月7日
調査人数:100人(22〜39歳の男性)