チュウォン、入隊について「すごく緊張している…2年間のブランクは大丈夫なのかなと心配になる」

写真拡大 (全2枚)

俳優チュウォンがカリスマ性をアピールした。

マガジン「Singles」のグラビア撮影でチュウォンは完璧なビジュアルと深みのある眼差しで撮影現場の雰囲気をリード、女性スタッフの心を揺さぶったという。

チュウォンは「入隊するのは当たり前のことだけど、すごく緊張している。新しい経験にワクワクしながらも、2年間のブランクは大丈夫なのかなと心配になる。でも、一方では除隊後は出演したい作品があったら、悩むことなく挑むことができるので、すっきりするところもある」と率直に語った。

多数のインタビューを通じて「30代を期待している」と明かしていたチュウォンは「30歳になって考え方が変わった。以前は周りの人としか付き合わなかったけど、今はなるべく色んな人たちに会うため、努力するようになった。休みながらゴルフに夢中になっていたし、動くことが楽しくなってきた」とし、30代になって変わったことについて明かした。

入隊前の最後の作品として選んだSBSドラマ「猟奇的な彼女」については、「元々台本とキャラクターにフォーカスを当てて作品を選ぶ方だが、今回はもう一つの要素を考えた。入隊前の最後の作品だからだ。ファンたちが時代劇やラブコメへの出演を望んでいたので、時代劇だけど、ラブコメのジャンルである『猟奇的な彼女』に出演することにした」とファンへの想いを語った。

チュウォンは16日に江原道(カンウォンド) 鉄原(チョルウォン) の3師団新兵教育隊に入所した。

・チュウォン、入隊後初の近況がキャッチされる…坊主頭に視線集中