BlackBerry KEYone 開封レビュー。待望のQWERTYキーボード端末、日本語表示と入力も対応
ハードウェアQWERTYキーボードを搭載したストレートタイプのBlackBerry スマートフォン、BlackBerry KeyOne の開封レビューをお伝えします。

BlackBerry KeyOne は2月末のMWC2017で発表されたものの、発売まで長い間待たされた待望の機種。

待望のQWERTYキー搭載!BlackBerry KEYone発表。Android 7.1採用、4月発売:MWC2017


今回はとりいそぎ、オンラインショップ EXPANSYS からお借りした製品版の簡単な開封レビューをお届けします。

バージョンは型番 BBB100-2 のEMEA版。このほか BBB100-1のAPAC / US版もあり、対応する周波数帯が異なる点にご注意ください。


▲EMEAはLTE B19に非対応(画像はBlackBerry Mobileのサイトから)

外観


▲パッケージ。小さく「Secure Smartphone」の文字が入っています。


▲外のスリーブを外すと、しっかりした作りの内箱が登場。


▲ご対面。すでに外していますが、本来はちゃんと保護シートが貼られています。


▲同梱品はUSB-ACアダプタ、Type-Cケーブル、イヤホン、イヤピース。


▲正面。ナビキーはオンスクリーンではなくディスプレイ外にあります。


▲背面はラバー調の滑り止めになっています。12MPのカメラが印象的。


▲正面向かって右側にボリュームキー。その下にあるのは「便利ボタン」。カメラやアプリの起動などの操作を割り当てられます。


▲SIMスロットもこちら側にあります。nanoSIMのシングル仕様でmicroSDもここに入れます。


▲向かって左側に電源ボタン。


▲上面に3.5mmジャック。


▲下面にUSB Type-Cポート。USB3.1になっています。

iPhoneと比較

iPhoneとサイズを比較してみました。


▲iPhone 7と比較。縦、横ともにKeyOneがやや大きめ。


▲iPhone 6s Plusと比較。KeyOneのほうがやや小ぶり。

キーボードで日本語入力も可能

気になる日本語対応ですが、日本語ローケルは入っているので表示は問題ありません。


▲標準で日本語対応。面倒な日本語化作業は不要です。

そして肝心の日本語入力ですが、標準でQWERTYキーを使った入力が可能です。


▲日本語入力にも標準対応


▲何の苦労もなく日本語が入力できます。

入力文字種(日本語 - 英語)の切り替えはAlt + Enter。この辺りは前モデルのPrivと同様です。


▲日本語対応していますが、当然ながら技適はありません。

キーボードはキーパッド対応

キーボードのキーはやや小ぶりなものの、クリック感はしっかりあります。また、各キーはアプリを起動するためのショートカットして利用可能です。


▲スペースバーが指紋センサを兼用。

そしてキーボードはタッチパッドになっており、画面のスクロールなどを行うことができます。

標準アプリやストレージなど

デフォルトのドロワーは以下のようになっています。


▲表示はデフォルトのほか、使用頻度やアルファベット順などでソート可能。


▲BlackBerry特有のアプリがいくつかあります。


▲ストレージは32GB。初期状態で10GB使っているので少々心許ない。


▲Androidのバージョンは7.1.1。なお、イースターエッグの「ねこあつめ」はプレイ可能でした。

以上。詳しいレビューは追ってお届けする予定です。少々お待ちください。

関連サイト:Expansysジャパン(BlackBerry KeyOne販売ページ)
新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy