「シカゴ・タイプライター」ユ・アイン、コ・ギョンピョをスパイと疑う

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「シカゴ・タイプライター」のユ・アインがコ・ギョンピョをスパイだと疑った。

韓国で26日に放送されたtvN「シカゴ・タイプライター」では、ハン・セジュ(ユ・アイン) とチョン・ソル(イム・スジョン) が前世と現世を行き来した。

セジュは前世で植民地時代の日本の走狗であるパク・テミン(クァク・シヤン) とシン・ユル(コ・ギョンピョ) が会っている様子を目撃した。そしてまたユ・ジノ(コ・ギョンピョ) により、現世に戻ってくることになる。セジュは前世で目撃した場面をもとに、スパイはシン・ユルではないかと疑った。

同じくチョン・ソルは自分の母親をスパイではないかと疑い、ジノは前世でリュ・スヒョン(イム・スジョン) をスパイだと疑った。