4月22日のアースデイは過ぎてしまいましたが、デトロイトで開かれる環境会議にAppleが出席するにあたり、同社の環境への取り組みを示した新たな動画が公開されています。

iPhoneが輪廻転生する?

今回新たに公開された「私のiPhoneは生まれ変わりを信じるのか」という動画では、Appleのリサイクルロボット「Liam」にスポットが当てられています。
 

 
回収されたiPhoneは分解され、パーツごとに分けられます。
 


 
しかし、そのまま廃棄されるのではなく、サプライチェーンに戻され、素材として再利用されます。
 


 
「素晴らしい贈り物(Amazing Gift)」とは、Appleでオペレーション&環境イニシアチブを務めるトーマス・タイラー氏です。この仕組みのおかげで、製品を作るたびに新たな素材を調達することもなく、環境への影響を最小限に抑えることができるというわけです。
 

 

他にも取り組みを特集した動画が色々

なお、Appleは4月のアースデイでも、「ビルは呼吸ができる?」「なぜAppleは自ら汗を開発したのか?」などキャッチーなタイトルで、環境に関する取り組みを複数の動画で紹介しています。
 
こちらについては、日本語バージョンも公開されています。
 
 
Source:AppleInsider
(kihachi)