会社に行きたくないときは?

写真拡大

毎日通う会社に行きたくないのは、はっきりとした理由というより、心の疲れが原因ではありませんか?憂うつさを吹き飛ばす元気を取り戻しましょう。心を軽くして仕事が楽しくなるヒントをお教えします。

会社に行きたくない理由をリストアップする

あなたが、明日、会社に行きたくないと思う理由は何でしょうか?まず、理由を教えてください。
次に、その理由を打ち消してください。たとえば、こんなふうに。
上司に叱られた→「失敗なんてだれにでもあるさ」
ノルマが達成できない→「できなきゃできないで仕方ない」
明日は死ぬほど忙しい→「いくら忙しくても命までは取られない」
 

質の良い睡眠を妨げる注意行動とは?

それから、寝る前にやってはいけないことがあります。
1.パソコンのメールを読む。
2.テレビのニュースを見る。
3.スマホをベッドでいじる。
4.お酒を飲む。夜食を食べる。
医学的な説明は省きますが、これらはすべて睡眠を阻害します。

寝る前には好きなことをしてリラックス

やってみてほしいことは、こんなことです。
1.刺激の強すぎない範囲で好きなことをする。
2.温めのお風呂にゆったり浸かる。
3.リラックス系のアロマテラピーやハーブティー。
4.瞑想する。瞑想用の音楽を流す。

「なんとかなるさ」と口に出し、脳に「明日の栄養」を

特に、大好きなことをするのはお勧めです。
脳は寝る前にやったことを〈明日の栄養〉にするからです。
心を縛りつける憂うつの鎖を、いったん「なんとかなるさ」と口に出して言うことで、気の重い明日の仕事が少しだけ軽くなります。

仕事に使命感を持つ

仕事を辞めるのは、ちょっと待ってください。「楽しくない」だけの理由で辞表を出すのはリスクが高すぎます。
つまらないと思っている仕事にも、あなたが気づいていない価値があります。
多くの人々から感謝され、誇りに思える瞬間を見逃していませんか?
仕事を楽しくするのは、「だれかのために」という使命感なのです。

【まとめ】

・会社に行きたくない理由をリストアップして、ひとつずつ前向きに打ち消してみる。
・寝る前にはパソコン、テレビ、スマホを遠ざけ、お酒や夜食も控える。良質な睡眠が取れる。
・リラクゼーション習慣をつけて、脳に「明日の栄養」を与えてあげる。
・つまらないと思っている仕事にも価値がある。だれかのためにという使命感を持つことで、心の元気が取り戻せます。ぜひやってみてください。

★ 参考図書『心は1分で軽くなる!』 石野みどり著
自由国民社