ドナルド・トランプ米大統領の娘婿で上級顧問のジャレッド・クシュナー氏。米首都ワシントンのホワイトハウスで(2017年1月30日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の娘婿ジャレッド・クシュナー(Jared Kushner)大統領上級顧問がトランプ氏の大統領就任前に、盗聴の心配のない秘密のロシア政府との通信回線の設置をロシア大使に提案していたと、米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)が26日報じた。

 ワシントン・ポストが機密報告書に精通した米当局者の話を引用して報じたところによると、当時も今もトランプ大統領のアドバイザーを務めるクシュナー氏は、その通信回線が監視されることを防ぐため、米国内にあるロシア外交施設を使用することさえ提案したという。

 米当局が傍受し詳しく調べたロシアの通信内容として同紙が報じたところによると、クシュナー氏は昨年12月1日もしくは2日、米ニューヨーク(New York)のトランプタワー(Trump Tower)でこの提案を行った。

 この提案の場には、後にトランプ政権の米大統領補佐官(国家安全保障担当)になったが就任からわずか24日で辞任したマイケル・フリン(Michael Flynn)氏も同席していた。

 ワシントン・ポストによると、ロシアのセルゲイ・キスリャク(Sergey Kislyak)駐米大使はクシュナー氏の提案に仰天し、ロシア政府に報告したという。しかし同紙はクシュナー氏の提案の後にどのようなことが起きたのかは伝えていない。

 トランプ氏陣営とロシアのつながりについて疑問の声が次々と上がる中、この報道は新たな驚くべき詳細を明らかにするものとなった。米情報機関は、ロシアが昨年11月の米大統領選でトランプ氏が有利になるよう介入したために、ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)元国務長官が大統領になれなかったとしている。

 ワシントン・ポストは先週、ロシア疑惑の捜査でホワイトハウス(White House)の高官1人が「重要参考人」になっていると伝えていた。現在のところ、ホワイトハウスで捜査対象となっていることが明らかになっているのはクシュナー氏ただ一人となっている。
【翻訳編集】AFPBB News