濱田憲洋・VISITKANSAI代表

写真拡大

ここ数年、関西を訪れる外国人観光客が増えているという。京都、大阪、奈良……、外国人観光客の好きな観光地はいったいどこか。関西でボランティアガイド活動を行う「VISITKANSAI(ビジット関西)」代表に聞いた。

■関西に行ってみたいというニーズが

【三宅義和・イーオン社長】濱田憲洋さんは兵庫県姫路市を拠点に、訪日外国人への関西観光のボランティアガイド活動を行う非営利団体VISITKANSAI(ビジット関西)の代表をされておられます。現在は、東京勤務のため、週末に関西に戻られて、ボランティアガイドや会の運営に携わり、月曜日には東京に戻って仕事をなさっています。まるでスーパーマンのような日々ですね。

非営利団体としてのスタートは11年前と聞いています。当時はまだ、濱田さんはメンバーではなかったそうですが、おわかりになる範囲で、設立の経緯や現在の活動内容について教えてください。

【濱田憲洋・VISITKANSAI代表】2005年に前任者がホームページを立ち上げたときは、日本を訪問される外国人観光客のガイド要請を受け付けて、ボランティアガイドをするという現在のような取り組みは一切していませんでした。

当初は、関西圏の観光地や名所・旧跡、文化などに関する情報をインターネットで外国人向けに発信していたわけです。すると、ページを見た人からコンタクトが来るようになって、観光地に関する質問から始まり、やがて「あなたは詳しいので、私をガイドしてください」と、サイトの管理者にリクエストされるようになったのです。

【三宅】なるほど、それは自然の流れかもしれませんね。

【濱田】最初は1人でぼちぼちやっていたそうですが、依頼数がどんどん増えてくると、とてもさばききれません。そこで、彼が自分と同じようなボランティアガイドを募り、登録してもらい、外国人観光客からのリクエストを紹介するようにしました。

私は15年3月に前任者から団体の運営を引き継ぎました。基本的なスタイルは変わらず、動画や投稿による観光情報とガイドのリクエストの2つのコンテンツが中心になっています。

【三宅】「インバウンド」という言葉に象徴されるように、昨年の訪日外国人観光客は2400万人を超え、政府は東京五輪が開催される20年までに4000万人突破を目標にしています。濱田さんのところにも、ガイドを希望される外国人の方々が急増しているのではないですか。

【濱田】そうですね。特にこの2、3年ぐらいは依頼が増えてきています。いろいろ事情はあると思うのですが、6年前に東日本大震災が起きて、一時日本に来る観光客の数がグッと減ったことがありました。そのときは、私たちへのガイドリクエストもすごく減ってしまいました。

それから少しして、ちょうど東京オリンピックの招致が決まったということで、俄然、日本に注目が集まるようになりました。加えて、為替も円安に振れるようになり、外国から日本へ観光に来やすくなったということもあります。そうしたなか、関西に行ってみたいというニーズも増えてきたということでしょう。

■英語が話せる東南アジアの観光客も利用

【三宅】私どもイーオンも外国人教師の採用活動を海外で展開しているのですが、実は関西地区の希望者が多いのです。

【濱田】そうですか。東京ではないわけですか。

【三宅】全国に250の教室がありますが、東京もさることながら、関西人気は目立っています。やはり「京都に行ける」ということが大きいのではないでしょうか。もちろん、採用者の希望にすべて添えるということはありませんが、大阪の教室で働ければ、京都は目と鼻の先です。

ところで、ガイドを希望される外国の方はどこの国の方が多いのですか。また、関西方面では、京都、奈良、大阪、神戸、姫路とありますけど、どこを希望される方が多いでしょうか。

【濱田】まず、国、地域としては英語圏のアメリカ、欧州、カナダ、オーストラリアの方が多いです。と言いますのも、私どもに登録・参加しているボランティアガイドが使える言語が基本的に英語だからです。それ以外にも若干名でありますが、ドイツ語やフランス語、スペイン語ができる人がいます。ロシア語とかイタリア語も何とか可能といったところです。最近の傾向としては、特に東南アジアで英語が使える観光客からのリクエストも増えています。

三宅社長がおっしゃるとおり、目的地の一番人気は京都ですね。その次に大阪、そして奈良、少し減りまして神戸。あとは、和歌山、滋賀といったところでしょうか。この2県はガイドをスタートさせた当時はまったくリクエストがなかったのですが、絶対数こそ少ないもののニーズが出てきました。

【三宅】VISITKANSAIのガイドを希望する場合、どのようにして申し込めばいいのでしょうか。

【濱田】私どものウェブサイトにアクセスしていただき「リクエストフォーム」に必要な情報をご入力してもらいます。そのメールが運営部門に届きますので、観光日程と目的地、人数などの内容を確認して、特に問題がなければメンバーに開示してガイド可能な人を募ります。

【三宅】何年も続けていますとリピーターの方もいるのではないですか。

【濱田】全体の割合としてはまだ多くはないですけれども、日本に来たときにVISITKANSAIのガイドを受け、帰国後に「面白かった。また日本に行き、関西に寄る機会があったら、もう一度頼みたい」ということはもちろんあります。あるいは、そうした人からの口コミで、リクエストしてくる人たちもいます。とても光栄なことです。

【三宅】おそらく、対応の素晴らしさが満足度を醸成し、知り合いにも紹介をするということですね。当然、ボランティアガイド個々のスキルも高いと思いますが、現在、VISITKANSAIには何人ぐらい登録されているのですか。年代や性別、プロフィールを教えてください。

【濱田】私を含めて26人です。そのうち女性が3分の2を占めます。働く女性はもとより子育て中の主婦もいます。男性ではリタイアをされて比較的時間に余裕があるという人も登録しています。現在のところ学生はいません。

■英語を使う環境が上達を早める

【三宅】実は、私どもイーオンとVISITKANSAIは昨年1月に提携しました。当社から声をかけさせていただいたのですが、昨年5月から「ボランティア通訳ガイド養成講座・関西版」をスタートしています。ボランティア通訳ガイドに必要な"おもてなし英語"を実践的に学べることに加えて、修了後にはボランティアガイドに参加できる活動先まで提供する特別講座です。大変好評だと聞いています。

【濱田】私どもにお声をかけていただいたときはただただ驚き、ありがたく受けさせていただいた次第です。講座が好評ということで、サポートさせていただいている私どもにとってもうれしいことです。すでに、この講座を修了して、ボランティアガイド活動を開始している方もいます。皆さん非常に前向きに取り組まれています。

【三宅】前向きな気持ちと、実力が大切ですね。

【濱田】はい、最初は語学が多少おぼつかなくても、コミュニケーションしてみようとか、とりあえずチャレンジしたいというモチベーションで取り組む人たちは、必然的に英語を使わざるをえない環境に自分を置くことになりますので上達も早い。語学もさることながら、ガイドの能力の向上も早いと思いますね。

【三宅】私どもの生徒さんも、せっかく英会話を学んでも、すぐには使う場面がないケースもあります。それだけに海外からのゲストを案内できれば、自分が学んだ英語役に立つし、その行動を通して世界が広がる、外国に知り合いができるということになります。やはり、ボランティアガイドの魅力はそういったところにもあるのでしょうね。

【濱田】魅力そのものは、いくつかあると考えています。ひとつは、三宅社長が指摘されたように、海外に友人ができるということですね。日本国内で暮らしていると、外国人と接触する機会もなかなかありません。しかし、ボランティアガイドをすることによって、そんなチャンスが間違いなく広がっていきます。

ガイドを縁に、その後もメールとかフェイスブックなどでコミュニケーションが続くこともありますし、逆に自分がその人の国に旅行に行くことにでもなれば、たぶん「じゃあ、僕がエスコートしてあげるよ」というふうになるのではないでしょうか。

【三宅】そういう人と人との関係というのは、もう何物にも代えがたいです。

【濱田】基本的には一期一会ではあるのですけどね。ガイドの活動というのは、押しつけではない誠意が伝われば、海外に友だちができることがあるっていうのは大きな魅力だと思っています。

【三宅】当然、見知らぬ土地に来れば不安もある。言葉の問題、生活習慣の違いも含めて戸惑うことも少なくありません。そうした場合に、そこに住んでいる人に親切に案内してもらえたらどれだけ安心感があるか、想像に難くないです。

何より、日本についての好印象と思い出を持って帰っていただけますよね。日本に行ったけれど、観光名所を巡り、和食を食べただけで終わるのとは天地雲泥の差でしょう。しかも、ガイドの人たちと心の交流ができれば、一生忘れられないはずです。そんな物語が展開するわけですから、単に言葉を訳すのとはまったく違うということですね。

(イーオン代表取締役社長 三宅 義和 構成=岡村繁雄 撮影=澁谷高晴)