20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で医療事務の仕事をしている麻田えりさん(仮名・38歳)。茶髪の肩まであるセミロングの巻き髪に、清潔感のある白のシフォン素材のシャツがよく似合う清楚な印象を受ける女性です。しぐさなどにも上品さを感じますが、年齢にコンプレックスがあるのか、少し話しただけでも“もう38歳”や、“若く見られる”といった年齢に関する言葉が多く感じました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は東京で、両親と4歳下の弟との4人家族です。東京といっても、23区ではない端にある田舎です。父はサラリーマン、母は薬剤師の資格を持っていたので、薬局にパート勤めをしていました。家族仲は良くて、両親とも厳しくもなく、過保護でもないどこにでもいるような家庭だと思います。1つだけ違うとすれば、私は反抗期がなかったんですよ。親と一緒に行動したくない時期はあったんですが、なぜか親にも気を使ってしまって……。自分の気持ちをぶつけられないまま、大人になってしまいました。なので今も家族では仲良くしゃべれるのに、両親ともにどちらかと2人きりになったら、会話に困るようになってしまっています……」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校の2年生の時です。女子高だったので、友達の彼氏の友達の男の子でした。その子は当時失恋したばかりで、彼を慰めるつもりで私が紹介された感じです。第一印象は何の感情もなかったです。友達にも、とりあえず会ってくれとしか言われていなかったので……。でも何回かみんなで遊ぶうちに、どんどん元気になっていく彼を見るのが楽しくなってきて、付き合ったらもっと楽しいはずとその男の子に言い含められて付き合いました。

軽い好きという気持ちぐらいだったんですが、彼と一緒にいることが楽しくてどんどんハマっていきましたね。でも、その子は結局振られた元カノが戻ってきて、私は振られてしまいました。付き合った期間は10か月ほどなんですが、最後の2か月くらいはあからさまに会う日が減っていったので、カップルっぽい期間は半年ぐらいですね。そのくらいしか付き合っていなかったのに、その後思いのほか引きずってしまって、高校時代はその彼1人でした」

その後、都内の大学へ進学。2年経ってやっと2人目の彼氏ができたそうです。

「2人目の彼氏は大学の同じテニスサークル仲間です。1つ年上の先輩でした。彼は最初から私のことをかわいいかわいいと言って常にちょっかいをかけてきた人で、ほだされてしまった感じですね。その人も最初は全然好きじゃなかったし、どちらかと言うと人の話をあんまり聞かずに、自分ことばかりを喋るタイプだったので苦手でした。でもそんな彼でも一緒にいると、前の彼氏を忘れることができたんです。でもその彼は、その後同じサークルにいた私より1つ下の後輩の女の子のことを好きになってしまって、付き合って1年ぐらいで振られました。自分より先に出会っている女性にも、後から出てきた女性にも負けてしまった……。自分の何がいけないんだろうと、本当に落ち込みましたね……」

就職先で出会ったのは異国の男性!

恋愛をお休みした状態で大学を卒業。そして就職先の人の紹介で、ある男性に出会います。

「就職は今勤めているところとは違う病院で、医療事務として働きだしました。医療事務ってほとんどが女性ばかりなので、探さなければ何の出会いもなく、そのまま5年くらい経っていました……。よく医者と出会えると思っている人が多いんですけど、接する機会なんて全くないですからね。27歳になって恋愛経験も浅いまま、結婚できないのではと焦っていました。そんな時、職場の女性から知り合いと飲みに行くから一緒にどうと誘われたんです。紹介という感じではなく、仲間内の軽い飲み会でした。そこで、彼に会いました。

彼は見た目は普通だったんですが、とにかくよく気が付く人でした。それに出会った時からすごく女の子扱いをしてくれたというか、特別に思ってくれているのかもと勘違いしてしまうほど優しくて……。空いたグラスには気が付いてくれる、料理を取り分けてくれる、袖が料理に付きそうになった時は袖をまくってくれたりと、とにかく優しかったんです。彼は韓国人でした。これが異国の男性なのかと、どんどん興味が湧いてしまって、日を重ねるごとに彼に惹かれていきました。彼と付き合うことになった時、本当に幸せでこれからもそんな日々が続くと思っていたのに……」

海外の男性はレディーファーストを重んじてくれるし、すべての行動がスマートで、恥ずかしがらずに愛の言葉をささやいてくれる。そんなところに、この上ない幸せを感じたと言います。

今まで失敗した日本人男性とは違って、自分を特別扱いしてくれる韓国人の彼との恋。結婚寸前まで話が進んだものの、大きな問題が……!〜その2〜に続きます。