日本製紙会長 芳賀義雄

写真拡大

■孤立を恐れず信念で共感集める

東日本大震災から、6年が過ぎた。JR仙台駅から東北東へ50キロ余り。車で三陸自動車道を進むと、石巻市の街に入る前に、高さ106メートルの煙突から水蒸気の白煙が上がるのがみえる。日本製紙石巻工場だ。その白煙は、2011年3月11日以来5カ月間、たなびく日はなかった。

地震発生時、工場には従業員や協力会社の計1306人がいた。約1時間後に大津波が襲ったが、その前に避難誘導にあたった5人以外は、北東の標高60メートルほどの日和山へ逃げた。逃げ遅れた5人も、タンクなどの梯子に上って、無事だった。だが、非番で海岸近くなどにいた従業員や協力会社の人たちが、亡くなった。

津波は、南の太平洋側からだけでなく、西の専用埠頭や東の旧北上川からも、襲った。壁を突き破り、1階の電気設備などを破壊。周囲の家々を押し流し、車を次々に呑み込んだ。浸水は高いところで4メートル。埋め尽くしたがれきは2メートル。誰もが「もう終わり、再起不能だ」と思う。

その石巻工場に92年7月、技術室次長として赴任した。まだ十條製紙(現・日本製紙)の時代で42歳。工場は、旧王子製紙が東北の豊かな森林と水資源に着目し、政府がつくった東北の振興会社と38年に設立。戦後、財閥解体で旧王子製紙が分割してできた十條製紙が、68年に合併した。

技術室では急激な円高に備え、欧州勢との競争力の維持に、生産性向上策に取りかかる。93年に山陽国策と合併後、新設された企画調整室で室長となり、引き続き数年間にやるべき提言をまとめた。鍵は、生産工程の自動化とアウトソーシング。前者は、設備投資には本社の認可が要るので時間がかかるが、後者は、進め方さえ間違えなければ、すぐにもできた。

石巻では、伝統的に自前主義が強く、すべての仕事を正規の従業員がやっていた。しかも、製造ラインの最終加工部門に人が多い。そこを中心に、部署単位でアウトソーシング案をつくらせた。仕事の流れを見直して、効率を上げるには機械をどう並べればいいか、外部からの従業員に任せるにはどこを重点的に自動化するべきか。そういう点を、考えさせる。

議論には工場の各部門から集めたが、専従は自分だけ。しかも、古き自前主義の壁は厚い。でも、ひたすら「工場をよくしたい、存続できるようにしたい」との思いを貫き、正しいと思うことを説き続けると、共鳴者が増えていく。当時、1282人いた正規従業員は、いま約500人。外部の協力会社が、大きな戦力になった。

同時に着任した工場長は、17歳年上で、生産畑を歩いた昔気質の人。よく構内を歩いて、隅から隅まで知り抜き、「お前もせっかく工場にきたのだから、暇なときは工場の表通りを歩くのではなく、裏を歩け。細かい路地をいくと、そこに問題点が潜んでいるぞ」と教わった。例えば、細い排水路があれば、手を突っ込んでみろ。もし、いっぱい原料が付いたら、ムダに流しているからで、仕事の改善点がわかる、と言われた。

時間があれば、裏路地も歩いてみた。なるほど、煙突から出る水蒸気や煙をみなくても、実情がわかる。教えは、工場の効率化に生きただけでなく、東日本大震災があった後も、どこをみれば設備が生きているか死んでいるかがわかり、すごく助かった。

その工場長が、生産性の向上に取り組んでいたとき、毎日何度も「この点はどうだ」「ここは、こうではないか」と聞いてきた。口頭で、ではない。A4判の白い紙に、毛筆で書いてくる。指示書ではないが、「この件については、小生はこう考える」とある。残念ながら、回答は普通のペンで書いたが、最大の共鳴者だった。

「徳不孤、必有隣」(徳は孤ならず、必ず隣有り)──立派な行動をしていれば決して孤立せず、必ず共鳴者が現れる、との意味だ。孔子の『論語』にある言葉で、仮に孤立したとしても一時的なものにすぎず、気に留めなくていい、と説く。時代にそぐわなくなった工場改革を、孤立を恐れず、信念を貫いて共感を集めていった芳賀流は、この教えに通じる。

■歓声と拍手に湧く石巻の「復興宣言」

石巻で5年過ごした後、徳島県・小松島工場と福島県・勿来工場で、生産ラインの責任者である工務部長を歴任した。小松島は旧山陽国策の工場で、2002年に勿来から戻って工場長にもなる。

合併した企業にはよくあるが、拠点の再編成で、軋轢が生じやすい。日本製紙も例外ではなく、製品が重なる工場間の摩擦が続く。でも、04年に取締役となり、本社の経営企画部長として進めた国内事業の再編では、個々の工場の歴史などではなく、あくまで競争力と将来性を基準に峻別する。

小松島の紙の生産撤退は、社長になった3カ月後の08年9月末。同時に、旧十條の富山県・伏木工場も閉めた。山陽国策の出身者から「うちの工場ばかり閉める」との不満は出ず、むしろ協力してくれた。やはり「徳不孤」だ。

東日本大震災が発生したとき、東京・竹橋の本社ビル16階の社長室にいて、普段の地震とは全く違う大きな揺れを感じた。ようやく収まり、震源地が東北らしいと知ると、宮城県の石巻と岩沼にある工場の情報収集を指示した。

だが、石巻には、固定電話も携帯電話もつながらない。テレビをみていたら、大津波が三陸を襲った。やがて、情報が入り始め、従業員は無事らしいと聞き、安堵した。だが、設備が冠水し、がれきに埋まった、という。「壊滅」という言葉も飛んだ。だが、胸中は「まずは、自分の目で工場をみよう。閉鎖かどうか考えるのは、まだ早い」と、冷静だった。

石巻は雑誌や文庫など出版用紙の主力工場で、止まれば、日本の出版界を危うくする。全国の工場の状況を確認し、可能な限りの増産を指示するとともに、同業他社に依頼して当面は代わりに供給してもらうように頼んでいく。

そして、3月26日に石巻を訪ねた。大変な状況の現地に遠慮していたが、士気が落ちていく現場を放っておけない。緊急車両の登録をした車で前夜に東京を発ち、途中で1泊し、石巻に入る。避難所がある日和山の現地対策本部に着くと、すぐに工場へ向かった。目をそむけたくなる光景が続くが、じっと、観て回る。40代の勤務で裏まで巡回したから、どこに何があり、再生にはどこをどうすればいいか、頭に浮かぶ。

日和山へ戻ると、幾重にも囲んだ従業員たちに告げた。「これから日本製紙が全力を挙げ、石巻工場を立て直す」。一瞬、沈黙が支配した後、歓声と拍手が湧く。石巻工場の復興宣言だ。すでに、取引銀行と協議も進めていた。歓声と拍手は「徳不孤」の証だった。

7月、ボイラーに電気が通じ、8月には火が入り、煙突から白い蒸気が流れ出た。市民から、激励のメールが届く。そして、9月に、文庫本や単行本の本文用紙を生み出すラインが再稼働。驚くべき早さは「必有隣」が生んだ。

工場は、単に元へ戻すのではなく、新しい競争力を付けた姿に変えていく。電子書籍などデジタル時代への対応や海外展開など、いくつもの課題が視野にある。嵐の中に居続けた社長在任6年が終わり、バトンは後継者に託した。

----------

日本製紙会長 芳賀 義雄(はが・よしお)
1949年、熊本県生まれ。74年熊本大学大学院工学研究科修了、十條製紙(現・日本製紙)入社。93年十條製紙は山陽国策パルプと合併、「日本製紙」に社名変更。92年石巻工場技術室次長、2002年小松島工場長、04年取締役経営企画部長、06年常務、08年社長。14年より現職。

----------

(日本製紙会長 芳賀 義雄 書き手=街風隆雄 撮影=門間新弥)