日本製紙会長 芳賀義雄

写真拡大

■フィンランドで信頼構築に腐心

1990年代初め、十條製紙(現・日本製紙)の技術本部生産部で技術調査を担当していたとき、フィンランドへの出張が続いた。同国の製紙会社と合弁会社をつくり、感熱紙の生産と販売を始める交渉がまとまり、それを推進する調整役を命じられたからだ。85年の「プラザ合意」以降の円高で、日本からの輸出競争力が低下したことが背景にあり、41歳から42歳にかけて、一度の出張が1週間から10日間になった。

感熱紙は、ラベリング用からレジのレシートに至るまで広く使われ、欧州市場は拡大していた。80年代前半にドイツのデュッセルドルフに3年駐在したときは、コピー機向けのノーカーボン紙の現地生産に、合弁相手を探した。試作品をつくる段階までいった候補もあったが、結局は相手の経営方針の変更で不成立に終わる。ユーザーを回っての技術サービスの傍らでやったが、フィンランドの件では、そのことに集中した。

相手には、感熱紙の生産経験はない。技術をどう移転していけばいいか、相手が持つ整備をどう改造すればいいのか、原材料はどこで調達するのが最適かなど、決めるべき課題は多様だ。日本で感熱紙を手がけている勿来工場(福島県)や研究所から、何度も技術者を連れていき、相手の従業員を指導してもらう。試運転にこぎつける前に、操業マニュアルなども揃えた。すべてを1人で仕切ったから、出張の回数は10回に及ぶ。合わせて、数カ月分になった。

工場は、首都ヘルシンキから北西へ約200キロのカウツア地区のエウラ市にある。市といっても辺鄙な地で、ホテルもない。工場にクラブハウスと暖房だけはある宿舎があり、そこに泊まる。出張は、大半が寒い時期ばかり。気候のいい季節は短く、相手側に休暇をとる人が多いためだ。冬は雪が深く、クラブハウスで食事をとった後、震えながら宿舎へ歩いた。

そんな日々を重ねるなか、「これは大変だ。果たしてできるかな?」と思ったのが、相手の幹部らとの信頼関係の構築。「感熱紙のつくり方は、こうですよ」というところから始まり、必要な設備投資も相手にとっては素人の分野だから、きちんと説明して納得してもらう必要がある。何事も、よく理解してもらうには、どういう人間を連れてきて説明させれば最善か、工夫が欠かせない。相手の工場長を勿来工場に案内し、生産現場をみてももらった。その飛行機の切符も、手配した。信頼関係の構築と円滑な操業開始へ向け、無理をせず、手間暇もかけた。

楽しみは、フィンランドだけにサウナだ。クラブハウスから少し離れた湖畔にあり、ときに連れていってもらう。出たら冷たい湖に飛び込み、またサウナに入る。それだけのことだが、相手と思いをつなぐ機会ともなっていく。

92年7月、合弁会社が設立されて、感熱紙の工場が立ち上がる。その前に、宮城県の石巻工場への異動の内示を受けていた。フィンランド出張の記録が詰まった古い手帳を広げると、合弁会社へ副社長兼工場長としていく先輩を送り出したのが6月。周囲では「芳賀さんがいくのだろう」との声が多かったが、石巻へ赴任した。だから、立ち上げの式典はみていないが、すべての思いを一点に集中した充実感が、残る。

合弁会社の業績はなかなか伸びず、何度か手放す話も出たが、生産能力を増強し、黒字が定着しつつある。社長時代の2013年に合弁相手から株式を買い取り、100%子会社にもした。もう四半世紀がたつが、「本当の戦いは、これからだ」と思っている。

「心勿忘。勿助長也」(心に忘るること勿れ。助け長ずること勿れ)──物事に心をとどめることは怠ってはならないが、早く発展させようと、無理に力を加えてはいけない、との意味だ。中国の古典『孟子』にある言葉で、何かを成す際はそのことに集中するべきだが、自然な進展を待たずに成果を急いではいけない、と説く。合弁事業の成否は相手との信頼構築にあると見定め、そこへ集中した芳賀流は、この教えと重なる。

■大学院の研究より「現場」で知る数々

1949年12月、熊本市で生まれる。父は日本電電公社(現・NTT)の事務職で電話局に勤め、母と姉2人の5人家族。近くの小学校に入ったが、父の転勤で県内を3カ所巡り、中学2年のときに熊本市へ戻り、県立熊本高校へ。大学は、化学産業に未来を感じ、熊本大学工学部の工業化学科を選ぶ。大学院の工学研究科へ進み、所属した研究室のテーマはプラスチックの構造物性の研究だ。

74年春に修士課程を修了。学部長が求人のある企業を挙げて、成績順に選んでいた時代で、「お前から選べ」と言われた。九州に、できれば熊本県に工場があるところなら、いつか地元にくる機会もあるだろう思い、八代市に工場を持つ十條製紙に決める。

同4月に入社し、研修を受けた後、5月に配属が決まる。だいたいは出身地と反対にいかされていたので、「北海道か東北か」と思っていたら、八代工場の第二製造課一級操業調査係と告げられた。第二製造課は木材からパルプをつくる部門で、操業調査係は操業のスタッフ。チップを大釜で煮るときに入れるアルカリ薬品を、残留物から取り出して再利用する部署に、3交代勤務で入る。

大学院で研究したこととは、全く関係ない。修士でも、会社ではそういう現場に入れられて、たくさんのことを一から教わる。カルチャーショックだったけど、「現場」が体に染み込んで、その後ずっと、役立った。

2つ目の配属先は東京・王子の研究所で、コピー用紙の物性試験を受け持つ。当時の用紙は、どのメーカーの複写機でも、同じようにきれいにコピーできたわけではない。複写機に特性があり、専用的な用紙をつくったが、OA化の進展をにらむと、どれにでも使える紙をつくる必要がある。十條製紙は後発で、追いつき・追い越せと、いろいろな製法を追求した。

これも、それまでの仕事とは縁のない世界だが、「大学院までいったのだから、化学的な基礎知識はあるだろう」とみなされた。でも、先を急がず、無理に力を入れず、「勿助長也」を守る。それこそが、目標に最も早く到達する道だ、と貫く。こうした経験がドイツ駐在をもたらし、冒頭の合弁会社の調整役につながっていく。

この後、石巻工場を皮切りに12年間、業界再編の嵐が吹きつけるなか、国内の工場勤務が続く。東日本大震災と併せて次号で触れるが、上司に尋ねられて答えた「製造会社だから、やっぱり工場など生産部門でキャリアを積みたい」との希望が、実現する。

08年6月に社長就任。年初に発覚したコピー用紙に使う古紙再生パルプの配合比率の「偽装表示」などで、経営陣の刷新が決まり、58歳で、急きょ登板した。収益への打撃は大きくなかったが、社会的信頼は低下した。その回復に努めている最中に、世界経済を揺さぶったリーマンショックが勃発。さらに東日本大震災。在任6年は、まれにみる厳しい状況が続いた。

それでも、信頼の回復、経営基盤の強化、壊滅的な被災からの復興に新たな進路の選択と、その都度、目標に集中。「勿助長也」を守り抜く。

----------

日本製紙会長 芳賀 義雄(はが・よしお)
1949年、熊本県生まれ。74年熊本大学大学院工学研究科修了、十條製紙(現・日本製紙)入社。93年十條製紙は山陽国策パルプと合併、「日本製紙」に社名変更。92年石巻工場技術室次長、2002年小松島工場長、04年取締役経営企画部長、06年常務、08年社長。14年より現職。

----------

(日本製紙会長 芳賀 義雄 書き手=街風隆雄 撮影=門間新弥)