堂安律【写真:Getty Images】

写真拡大

 U-20日本代表は27日、U-20ワールドカップ(W杯)・グループD第3節でU-20イタリア代表と対戦する。MF堂安律は、FW小川航基の離脱の衝撃のあとでも普段どおりのプレーを心がけるつもりだ。

 ウルグアイ戦で負傷を抱えて長期離脱が決まった小川と同部屋だった堂安は「1、2時間くらい2人で話した」そうだが、「自分が怪我をしていないので、簡単にあいつの分まで頑張るとは言えない。あいつの気持ちはあいつしか分からないと思うんで、普通にいつも通り戦いたい」と、静かに闘志を燃やした。

 イタリアは強敵だ。だからこそ「誰か一人が勝手にというか、チームのためにと考えてプレーしなければ乱れると思う。自分もチームのために本当に一生懸命やりたい」と気を引き締めている。

 やはりエースの離脱はチームにも影響がありそうだ。堂安は「やっぱ存在感はデカかった。自分もホットラインというか、そういう考えでプレーしていたので、ちょっと自分の中で戸惑いはあった」としつつ、「しっかりFWの人たちとコミュニケーションを取っていければ、その人たちの特長も生かせると思うので不安はない」と語った。

(取材:元川悦子【水原】、文・構成:編集部)

text by 編集部