トランプ大統領の場当たり主義に翻弄されたダライ・ラマ14世

写真拡大

 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世が4月に予定されていた訪米を延期していたことが分かった。当初予定していたトランプ米大統領との会談について、ホワイトハウスが様々な条件を出して、実質的に会談を拒否しているためとみられる。チベット関係者が明らかにした。

 トランプ大統領は中国の習近平国家主席に対して、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への圧力を強化するよう要請している手前もあって、中国側が「分離主義者」などとして口を極めて批判しているダライ・ラマと会談するのは時期尚早とみていた。そして、このままでは米大統領とダライ・ラマとの会談は当分、行われない可能性が出てきた。

 ダライ・ラマは1989年にノーベル平和賞を受賞して以来、歴代の米大統領と会談してきた。これは「チベットは中国の一部」であるとの中国共産党政権の立場は否定しないが、チベット民族の信教の自由など人権問題で、中国政府を牽制する狙いもあった。

 ところが、トランプ大統領は歴代の大統領と違って、人権問題にはさほど関心を示している様子はない。むしろ習近平国家主席について、「われわれは気が合うと思う。北朝鮮について、習主席は協力してくれると思う」「われわれの相性はすごくいい。互いに好意を持っている。私は彼のことがとても好きだ。彼の妻も素晴らしい」などと高く評価しているほどだ。

 逆に、ダライ・ラマ側が4月に訪米することを打診したものの、4月には習近平氏ら一行が訪米する予定が入ったことから、当初のダライ・ラマとの会談予定を変更。

 このようなトランプ大統領の場当たり主義に翻弄されたのは、ダライ・ラマばかりでなく、台湾の蔡英文総統も同じだ。トランプ氏は大統領当選後の昨年12月2日、外交関係がない台湾の蔡英文総統と電話会談を行った。これについて、中国外務省は翌3日、「米国の関係各方面に厳正な申し入れをした」と明らかにしている。

 この異例の電話で、台湾側はトランプ政権が台湾寄りになると期待したが、4月の米中首脳会談によって文字通り期待外れに終わった。

 その後、トランプ大統領は4月28日、ロイター通信との単独インタビューで、「蔡英文総統との電話会談は現時点ではない」とつれない態度をとった。実はその前日の27日、同じロイター通信との単独インタビューで蔡英文総統は「トランプ米大統領と再び電話による直接会談を行う可能性がある」と強い期待を表明していただけに、台湾側の失望は深かったようだ。

 これはダライ・ラマ側も同じで、「ダライ・ラマは6月にカリフォルニア州サンディエゴを訪問するが、ワシントンのホワイトハウスでトランプ大統領と会談する予定はない」とチベット関係者は明らかにしている。