中国国家発展改革委員会は23日、中国国家開発銀行が北京で、インドネシア中国高鉄有限公司と、インドネシアのジャカルタとバンドンを結ぶ高速鉄道プロジェクトに融資することで合意した。融資額は最高で45億ドル(約4995億円)。北京日報が報じた。

同委員会の報道官によると、この高速鉄道はジャワ島西部に位置し、インドネシアの首都ジャカルタと、西ジャワ州の州都バンドンを結び、全長は142キロ。最高設計時速は350キロで、3年での完成、開通を目指す。完成すれば、ジャカルタとバンドンが40分で結ばれ、現在の3-5時間と比べると大幅の短縮となる。

今年4月4日、中国とインドネシアは、ジャカルタで、設計、調達、建設を含む、建設工事請負契約・EPC契約に調印した。その後、中国国家開発銀行、中国とインドネシアの企業連合による合弁会社・高速鉄道インドネシア・中国(KCIC)、さらに、中国とインドネシアの発起人が、互いに利益を得るウィンウィンを原則として、中国鉄路総公司などの中国側の企業と密接に協力し、最終的に今回の融資契約調印に至り、同プロジェクトは大きな進展を見せた。(提供/人民網日本語版・編集/KN)