@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

もし、うなるほど資金があるのなら、スーパーカーを買うといい。適切なモデルを選べば、すぐに利益が得られるだろう。

屈指のスーパーカー・ディーラーである「サイモン・フラゴプーロス」の協力を仰ぎ、今月のホットなモデルと、そうでないモデルとを選んでみた。

もちろん、買いたいからといって、誰もが買えるわけではない。今は軍資金が足りないというなら、せめて写真を見て、オーナーになる日を夢見てもらいたい。

上がり目銘柄

ラ フェラーリ・アペルタ

£1,600,000(2億2,771万円)といわれる英国オープン版ラフェラーリだが、現在の相場は£2,500,000(3億5,579万円)〜£3,000,000(4億2,695万円)だとか。

「フェラーリにVIP待遇されるために大金を払いたがるオーナーは多いですが、利益を得るために18ヶ月保有するという取り決めが破られることもこれまた多いです」

「このクルマは、少なくともこの先6ヶ月は値落ちしないと読んでいます。年内は、現在の相場が維持されるでしょう」と「サイモン・フラゴプーロス」はコメントする。

アストン マーティン・ヴァルキリー


まだ登場していないにもかかわらず、このハイパー・アストンへの需要は膨らむばかりだ。

「初回生産分には£850,000(1億2,097万円)のプレミアが付きましたが、それでも全車売約済みです」

「25台のレース・バージョンも用意される予定ですが、ベース・モデルに付いたのと同じか、それ以上のプレミアが見込まれます」

AMGプロジェクト・ワン


これまたコレクターがわれ先にと狙っている、メルセデスAMGのハイパーカーは、F1の成功を利用した、まさに便乗商法の産物。

「予約できず、第3者から転売を持ちかけられて揺れ動いているコレクターはたくさんいます。おそらく誘惑に抗えず買うひとも多いでしょうね」

マクラーレンBP23


マクラーレンF1の再来、少なくとも象徴的な名車へのオマージュとなるそれは、£1,650,000(2億3,482万円)の価格をものともせず、106台全てが売約済み。

デリバリー開始まではあと1年ほどだが、価値を見積もるには時期尚早だという。

「こうした限定モデルで、しかもあのF1と関連があるとなれば、実車が完成する前に、その所有権が£850,000(1億2,097万円)ほどのプレミアを乗せて取り引きされてもおかしくないでしょう」

ポルシェ918スパイダー・ヴァイザッハ・エディション


ヴァイザッハ・パフォーマンス・パッケージの価格はだいたい£70,000(996万円)ほどだが、払う価値のあるオプションだった。

レアなうえに需要も高い仕様となっているからだ。

「昨年夏、納車されたきり保管されていた個体が£1,000,000(1億4,231万円)ほどで取り引きされました。現在は£1,300,000(1億8,501万円)あたりまで値を上げています」