数年後の成瀬くんはどんな生活を? 窪田正孝

写真拡大

 俳優の窪田正孝と杉咲花が、人気作家・湊かなえの小説を藤原竜也主演で映像化したTBS系金曜ドラマ「リバース」(毎週金曜22:00〜)にゲスト出演することが明らかになった。それぞれ、数年前に別々の湊かなえドラマで演じたのと同じ人物として登場する。

 「リバース」は、藤原演じるサラリーマン・深瀬和久が、恋人の美穂子(戸田恵梨香)のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届けられたことをきっかけに、10年前に起きた友人・広沢(小池徹平)の不審死の真相に迫る姿を描くミステリー。金曜ドラマ枠における湊かなえ作品のドラマ化は3作目となる。

 窪田と杉咲は、過去2作のドラマで湊ワールドを体験済み。そして今回、窪田が「Nのために」(2014)で演じた成瀬慎司役で、杉咲が「夜行観覧車」(2013)で演じた遠藤彩花役で出演。2人が数年後の“成瀬”と“彩花”をどう演じるのか。それぞれの登場人物のその後も含めて、見どころになりそうだ。

 3作品とも同じ制作チームで撮影されており、撮影当日、名前を紹介された窪田は、スタッフからの「おかえり」の声に「ただいま」と返しながら、懐かしさに終始照れ笑い。杉咲もスタッフからの声にはにかみながら、芝居では凛とした表情となり、すっかり大人っぽくなった“彩花”の姿を見せていた。

 このユニークな試みに窪田は、「すごく光栄で、数年前の『Nのために』の頃を思い出しました」と当時を振り返りながら「いざ芝居となるとやっぱり緊張しますし、久しぶりの方言という条件を与えられると……頭の中セリフでいっぱいで、『やばいやばいやばい!』と感じていました」と苦笑。一方の杉咲は「彩花が大きくなったということで、どういう風にすればいいかな……と迷ったりもしたのですが、実際現場に立ってみると、塚原監督や新井プロデューサーや皆さんがいらっしゃって、『あ! こうやればいいのかな?』と感覚を取り戻したような感じになり、楽しめました!」と語っている。

 2人の登場回は発表されておらず、原作者の湊は「杉咲花さん演じる『夜行観覧車』の彩花と、窪田正孝さん演じる『Nのために』の成瀬くんに、再び会えることを知り、ワクワクしています。つらい経験を乗り越えた彩花や成瀬くんは、どんなふうに過ごしているのか。二人の姿は、現在、息苦しい状況の中で生きている人たちに、希望を与えてくれるものになるのではないかと思います。そして、『リバース』の主人公、深瀬にとっても」と待ちきれない様子でコメントしている。(編集部・入倉功一)