ビジネスで必ず好印象なのは○○色のスーツ

写真拡大

初対面の人に会ったとき、外見から何となくその相手を判断しませんか?
「年齢はどのくらいか、どんな仕事なのか、頭は良さそうか、清潔なのか、どんな育ちなのか……」。実は、人間は相手からの自己紹介よりも、「自分が感じ取った全体の印象を信用する」ことが分かっています。
ビジネスでの服装は、ただの「おしゃれ」だけでなく、「まず自分の話を聞いてもらえるかどうか」に直結します。「服のことを知っているかどうか」は、仕事を左右するのです。
その上、スーツはアイテムが少ないので、覚えるべきことは実はそんなにありません。
5月25日に発売される『ビジネスという勝負の場は一瞬、しかも服で決まる』から、どんな場合でも、ビシッとスーツが着られるようになるルールについてお知らせします。

ビジネスで無敵なのは紺のスーツ

スーツは、紺かグレーかどちらかだと申し上げましたが、まず着るべきなのは「紺」です。
グレーよりもフォーマル感があり、知的さ、さわやかさ、勢いを感じさせます。
プレゼンテーションがある、何かをアピールしたい、といったときには紺のほうがいいでしょう。
要するに、仕事のあらゆるシーンで好印象をつくるのが紺のスーツです。
無敵のスーツが紺なのです。

ただ、紺色にもいろんなカラーバリエーションがあります。
濃い紺色から明るいネイビーまで様々です。
ここにしばりはありませんので、自分の好きな色を楽しんでください。

ただ、写真のような薄い色のネイビーのスーツは、少し上級者向けです。
とてもおしゃれに見えますので、夏などに、たまに着るならOKです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)