「できちゃった結婚」できると見込んでいた38歳の女性は彼氏から「結婚はしないし、子どもは堕ろしてほしい」と言われて天国から地獄を味わうことに(写真はイメージです)

写真拡大

女優の菊川怜さんの結婚相手の穐田誉輝氏に、婚外子が4人もいることが明らかになりました。婚外子とは結婚していない男女間に生まれる子どものことです。今回の相談者は38歳の女性で、できちゃった結婚でも構わないと避妊せず10歳年上の彼氏と交際していました。妊娠が分かった女性が彼に結婚を求めると、2回の離婚で慰謝料と養育費で痛い目に遭ってるから、と結婚を拒否した上、子どもを堕ろしてほしいとまで言われてしまいました。中絶ができない妊娠22週目を迎えてしまった女性は、婚外子として生まれてくることになってしまった子どものために、男性に認知と養育費を求めることにしました。(露木行政書士事務所代表 露木幸彦)

できちゃった結婚のつもりが
「子どもを堕ろしてほしい」と言われ…

 女優の菊川怜さんが番組中で「祝・脱独身」の垂れ幕と共に、40歳目前(39歳)での結婚を発表したのは4月28日のこと。結婚相手の穐田誉輝氏には2度の離婚歴があり、さらに婚外子が4人もおり、しかも認知もせず養育費も払っていないと報じられたので、瞬く間に祝福の声は結婚を疑問視する声へと替わりました。

 婚外子とは結婚していない男女の間に産まれた子どものことですが、結婚しない(できない)理由として、例えば、妻(夫)がいて重婚になるから、男性の反対を押し切って出産したから、ただの遊びで本気ではなかったから、「俺の子じゃない」と逃げ回っているから、などが挙げられます。この手の話は、誰目線で語るのかで印象は全く変わってきます。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)