田川亨介【写真:舩木渉】

写真拡大

 U-20日本代表は27日、U-20ワールドカップ(W杯)・グループD第3節でU-20イタリア代表と対戦する。FW田川亨介は、これまでの悔しさをぶつけるつもりだ。

 FW小川航基の離脱もあってイタリア戦の先発が予想される田川は、「明日はたぶんチャンスがくると思う」と予感しており、「今まで我慢してきたところもあるので、それを晴らすというか。全部出し切って点を獲れたら一番良いかなと思います」と意欲十分だ。

 前節ウルグアイ戦でもなかなか出番が訪れずに「すごく悔しい思いをした」という田川。「その気持ちを前面に出していきたい」と述べている。

 イタリアは伝統的に守備が強力だが、田川は自分の持ち味が生きるとみている。

「守備はすごいブロックをつくって守ってくる相手だと思うんですけど、自分の武器である背後の動きにはたぶん弱いと思う。そこの隙を突いていけば、必ずチャンスはくると思う」

 「なかなかチャンスをつくれない試合になると思う」と予想する田川は、これまで蓄積した気持ちを結果につなげられるだろうか。

(取材:元川悦子【水原】、文・構成:編集部)

text by 編集部