Block BのP.O、ソル・イナの告白に照れる「とても恥ずかしい」

写真拡大

ソル・イナがBlock BのP.Oが理想のタイプだと話した。

25日に韓国で放送されたケーブルチャンネルOnStyle「Lip Stick Prince2」でソル・イナはP.Oに「お兄さんは私の理想のタイプだ。私と会ったことあるけど、覚えてる?」と聞いた。

これにP.Oは困惑し、ソル・イナは「お兄さんが3年生、私が1年生の時だった。当時、お兄さんはウェーブのかかったヘアスタイルをしていてお茶目な生徒だった。1年生と2年生の間では有名な人気者だった」と話した。

しかし二人の間では気まずい雰囲気が流れた。これを見たSUPER JUNIORのヒチョルは、二人のために「親しくなってほしい」コーナーを準備した。

これにソル・イナは「当時、私にだけ挨拶してくれたと思ったが、すべての後輩たちに笑顔で挨拶していた」と文句を言い、P.Oは「僕はこれからも…」と話した。

しかしP.Oは制作陣に向かって「どうしよう。とても恥ずかしい」と吐露した。

これにヒチョルは「普段でもたくさん会おうと話してみて。高校の先輩と後輩の関係だから負担を感じなくてもいいだろう」とアドバイスしたが、P.Oは相変わらず恥ずかしがっていた。

そうするとヒチョルはP.Oのアバターになって「イナちゃん、大好きだぞ」と冗談を言い、スタジオの人たちを爆笑させた。