心拍計のベストはApple Watch。市販活動量計7機種のテスト結果をスタンフォード大研究者が発表
リストバンド型フィットネストラッカー(活動量計) 7機種をテストした結果、心拍数で最も誤差が少なかったのは Apple Watch だったと、スタンフォード大学医学部の研究者チームが発表しました。

論文はこのほか、手首に装着するトラッカーはサイクリング中に最もエラー率が低く、逆にウォーキング中は最も誤差が大きいなど、興味深い内容を含んでいます。アメリカでは冠状動脈疾患が4人に1人の死因ということもあり、健康管理のためにフィットネストラッカーへの関心が高まっています。が、それらは医療グレードの機器と違ってFDA(アメリカ医薬品局)の規制を受けていないため、医療現場での診療データとして使うことが困難です。

そこでスタンフォードの循環器系・心臓血管系研究者が実施したのは、FDA認定機器と比較して、各フィットネストラッカーの誤差がどれほどか検証する試み。中央値(データを並べたとき中央に位置する値)が5%以下なら許容値と設定されています。

対象とされたのはApple Watchのほか、Basis Peak、Fitbit Surge、Microsoft Band、Mio Alpha 2、PulseOnおよびSamsung Gear S2といった、7つの市販品。被験者は男性29名と女性31名の計60人で、ランニングやサイクリング、ウォーキングなどの運動中に機器を装着し、80回の試験を実施しています。

その結果、心拍数についてはApple Watchが最高の精度を記録し、誤差の中央値(以下、誤差と表記)は2%。Basis PeakとFitbit Surgeがそれに続き、最も誤差の大きなSamsung Gear S2は6.8%で「許容範囲外」とされています。
Fitness

そして全てのデバイスにつき、思わしい結果が出なかったのがエネルギー消費の計測。誤差が最大のPulseOnで92.6%、最も正確なFibit Surgeでも27.4%もあり、いずれも許容範囲を超えた結果に終わっています。

Fitness

なぜエネルギー消費計測の誤差がこれほど大きいのか。報告では、各デバイスが独自のアルゴリズムを用いてるからではないかと推測。心拍数は手首から直に計測されるのに対して、エネルギー消費は身長、体重、BMI(体格指数。肥満の判断基準)や年齢などの諸元データを元に複雑な計算をしているために誤差も大きくなるのでは......といった趣旨が述べられています。

逆に考えれば、ソフト更新でアルゴリズムを改良されたなら、より精度も高くなるということ。研究機関とメーカーがやり取りを重ねて、医療現場の実用に耐えうる製品が市販される日も遠くないかもしれません。

新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy