2017年秋のリリースが予定されているiPhone8では、物理ホームボタンが廃止され、ディスプレイ内に埋め込まれるのではないか、と言われています。こうした見方を裏付けるような情報が、iPhoneのチップ生産を請け負うTSMCのイベントから明らかになったそうです。

Touch IDもディスプレイに埋め込みか

台湾メディアの経済日報によると、TSMCが5月25日に開催したシンポジウムで、次期iPhoneについて新たなデザイン面や機能についての見通しが多く示されたとのことです。
 
それによると、Appleはスクリーン上で認証ができるように、光学式の指紋センサーを搭載するのだとか。ホームボタンはともかく、Touch IDセンサーについては技術的な問題から背面に搭載されるのでは、との観測も出ていただけに、TSMCの見通しは、iPhone8の形状を裏付ける内容となりそうです。

iPhone7よりやや縦長?Galaxy S8と同じ比率

他にもシンポジウムでは、高画素数の高いカメラの機能を向上したり、ARアプリを使えるようにしたりすべく、赤外線イメージセンサーが搭載されることや、iPhone8ディスプレイのアスペクト比が18.5:9になることなども示されたそうです。
 

 
ちなみに、18.5:9はGalaxy S8と同じアスペクト比で、iPhone7は16:9となっています。そのため、iPhone8はiPhone7よりもやや縦長となりそうです。
 
 
Source:DigiTimes
Photo:Martin Hajek
(kihachi)