【詳細】他の写真はこちら

VWのベビーカー、GTIグレードだとやっぱり速いの?

「GTI」と言えば、Grand Touring Injection(グランド・ツーリング・インジェクション)の略で、フォルクスワーゲンの車の中でもスポーティーなモデルだけに付けられているグレード名。そんな「GIT」のデザインを充実に再現した『GTIベビーカー』が日本全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売されるそうです。発売日は明かされていませんが、価格は27万円(税込)。5月27日〜6月30日の期間で先行予約を受け付けており、ここで予約すれば特別価格の14万400円(税込)で購入できるそうです。5月27日〜28日に東京お台場で開催される「Volkswagen Day 2017」でも予約可能とのこと。

赤ちゃんも大満足?のデザイン







ドイツのベビーカーメーカー「knorr-baby」と共同開発したというこの『GTIベビーカー』。鮮やかなGTIカラーの赤いアルミニウムフレームやタータンチェック柄のシート、スライド・ハンドルに施されたGTIステッチ、サイドのハニカム構造デザインなど、そのデザイン哲学は実車の「GTI」そのもの。こんなカッコいいベビーカーに乗っている赤ちゃんなんて、そうそういないでしょう。

この足回りで速くないわけがない







さすが自動車メーカーによるベビーカー。外観だけでなく足回りへのこだわりも他とはひと味違います。クルマのようにサスペンションを搭載し、赤ちゃんの乗り心地をしっかりと確保。足で簡単に操作できるロック機構も搭載しているので、お父さんお母さんも安心です。ホイールのデザインもしっかり「GTI」風なのはたまりませんね。

走りを愛する大人に育つ……かも





ちなみに、『GTIベビーカー』に乗車できる赤ちゃんは、月齢で生後0ヶ月〜3歳頃(15kgまで)だそう。キュリーコット(ベビーベッド)とスポーツシート(ベビーシート)が用意され、交換可能とのことなので、赤ちゃんの年齢や好みにあわせて使い分けられますね。本体サイズは、キャリーコット装着時が長さ88☓幅45☓高さ66cm、スポーツシート装着時が長さ94☓幅41☓高さ64cm。また、折りたたみ時のサイズは長さ90☓幅46〜長さ104☓幅112cmです。本体重量は20.35kg。おむつやお尻ふきなどを収納できるショルダーバッグや、レインカバーも付属します。

文/塚本直樹

関連サイト



『GTIベビーカー』製品情報ページ

関連記事



フォルクスワーゲンが描く未来とは?“完全”自動運転機能搭載のEVコンセプトカー「Sedric」も登場

ゆるキャラ? ねこバス? フォルクスワーゲンの自動運転コンセプトカー

こんなカスタム・フォルクスワーゲンがあれば、欧州を旅して暮らせるかも