日米通算24勝。国内女子ツアー隆盛のきっかけになったとも言える宮里藍が、本日26日(金)に今季かぎりでの引退を表明。日本ゴルフ界のレジェンドたちにも衝撃を与えた。
宮里藍の14年間をフォトギャラリーで振り返る
テレビの解説者としてコースに来ていた樋口久子LPGA相談役は「突然でビックリ」とこのニュースには心底驚かされたという。自身が会長時に強いアマチュアに出てもらおうという方針で改革を進め、そんな中で出てきたのが03年にツアーで優勝し高校生プロとなった宮里だった。プロゴルファーが引退という2文字を使うのは珍しいが、「残念ですが、十分にやりきったということかもしれませんね」とコメント。「彼女をみてプロを目指した人も多いはず。ゴルフ界に与えた影響は大きい。すばらしい功績を残してくれた」とこれまでの宮里の歩みを賞賛していた。
青木功JGTO会長は「もったいないな。まだまだできると思う。いろいろ考えることがあるんだろう」とのコメントを寄せた。自身は74歳の今年も「中日クラウンズ」に参戦。自らの手でツアーを盛り上げているレジェンドの正直な気持ちだろう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「身を引くことは知っていた」宮里藍の引退表明に相棒もコメント
【特別企画】18歳 宮里藍 〜今の私、そして未来へ〜
目に涙を溜めながら…高校の後輩・有村智恵が宮里藍引退についてコメント
青木功と樋口久子、レジェンド2名が合同ジュニアレッスン会を開催
青木功、しみじみと「ジャンボと同じ組で回るのもこれが最後かも」