ジブリ飯がいっぱいだ〜!

写真拡大

 三鷹の森ジブリ美術館で27日から開催される新企画展示「食べるを描く。」のマスコミ向け内覧会が26日に行われ、ジブリ作品の「食事シーン」がどのように描かれているのかを紹介する企画展の全貌が報道陣に公開された。内覧会に先立って行われた展示説明では、企画・監修を担当した宮崎吾朗監督が“ジブリ飯”のアニメーションについて話し、今回の展示の意図やこだわりなどを語った。

 ジブリ作品の「食事シーン」を特集する今回の企画展示。展示室の入口はレストランのようになっていて、劇中に登場したおいしそうな“ジブリ飯”を食品サンプルで再現。中に進むと、『魔女の宅急便』の「ニシンとカボチャのつつみ焼き」、『紅の豚』の「瓶入りレモネード」などがどのように描かれたのかを「原画」や「絵コンテ」といった制作資料つきで説明するパネルが並んでいる。

 そのパネルには「ジブリ飯」に関する詳細な情報がたくさん書き込まれており、ファンにとってたまらない内容となっているのだが、さらに必見なのが実物大で再現された『となりのトトロ』のサツキとメイの家の台所と、『天空の城ラピュタ』のタイガーモス号のキッチン。「桜でんぶがかかったお弁当」や「シチューが入った大鍋」なども置かれていて、映画のワンシーンに迷い込んだような体験ができる。

 この日登壇した吾朗監督は「(ジブリはご飯を)『アニメーションの技術』によっておいしそうに見せている」と話し、どのような技術がそこに使われているのかを解説。「食べ物をどう線と色で表現するか。それをどう食べさせるか。最終的にはどういうシチュエーションで、どういう文脈の中で食べさせるのかという全部があわさってみなさんの記憶に残る」と“ジブリ飯”について語り、「それを展示しようと思った」と明かした。

 ただ、「それだけでは作画の解説展のようになってしまって難しすぎるということで、入口に“ジブリ飯”を並べ、台所も再現した」と続けた吾朗監督。「サツキとメイの家の台所には、『サツキとメイごっこ』ができる仕掛けがしてあるんです。お子さまも、大人の方も楽しんでいただける仕掛けかなと思っています」とアピールしていた。(編集部・海江田宗)

新企画展示「食べるを描く。」は5月27日〜2018年5月(予定)まで
三鷹の森ジブリ美術館は日時指定の予約制