水を吹いて叩くようにしたりスチームクリーナーも手

クルマのシートというのは、いつも体に触れているものだし、汗をかいたまま座ることもある。座ったまま、飲み食いしたりと、シートというのはよく考えたら過酷な状況にさらされているもの。当然、汚れが付くこともある。

レザーシートだったり、防汚加工や撥水処理がしてあれば、汚れが染み込む前に拭き取れるのだが、布の場合は染み込んでしまうことがある。この場合、あとでゴシゴシと拭いても取ることは無理。では、どうやって取り除けばいいのかというと、家庭で行なう染み抜きと同じ要領で行なえばいい。

汚れというのはゴシゴシやると逆に内部に入っていってしまうもの。正しいやり方はタオルを使って、トントンと叩くようにすると浮き出てくる。もちろん乾いてしまった場合は、水を適量吹きかけるといいだろう。ハンディタイプのスチームがあるなら、こちらのほうがより汚れは浮き立つので落としやすくなる(血は固まるので水を使用)。また水も吸える掃除機がある場合は、多めに水を含ませたあとに一気に汚れごと吸い取るというのも手だ。

そもそもクロスの場合は、汚れが染み込まなければ被害は最小限に抑えられるので、布シート用のコーティング剤というのもありだ。汗をかくこれからの季節、気になるひとは使ってみるのもいいだろう。

一方、レザーについては革に塗装がしてあるので、基本的にはすぐに染み込むことはないので、汚れがついたら落とせばいい。ただ、手あかなどによる黒ずみは明るい色だと気になることがある。薄めた中性洗剤を使って落とし、水拭きで仕上げるのが基本。それでも落ちない場合は、消しゴムをかけてやるのも効果的だ。

いずれにしても、見つけたらすぐに落とす。これがシートを汚さない、基本中の基本。汚れは悪臭の元にもなるので、マメに拭くようにしよう。