いち早くフジロックの魅力に触れられるプレイベント、大阪&名古屋で開催決定

写真拡大

フジロックフェスティバルのプレイベントとして毎年好評を得ている<FUJI ROCK DAYS>が、6月10日(土)・11(日)に大阪にて、6月25日(日)に名古屋にて開催されることが決定した。

当日は、<FUJI ROCK DAYS>特設ブースにて販売するチケットや、期間中各店舗で出演アーティストの対象商品を購入した人々を対象に豪華賞品が当たる大抽選会が実施される。この場でしか見られない過去のフジロックの貴重な映像の上映や、フジロックの行き方・買い方についてわからないことをスタッフが解決する「初めてのフジロック 〜行き方買い方相談所〜」も開設される。最新情報のチェック、情報交換の場としても最適であり、フジロックを知るにももってこいの<FUJI ROCK DAYS>。この機会にぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

また、ロックンロールの世界で最も知られる写真家の一人、ボブ・グルーエンの写真集『ROCK SEEN』日本版刊行の決定および、写真展<ボブ・グルーエンと100人のロックレジェンド展>の開催についてもアナウンスされている。ジョン・レノン、オノ・ヨーコ、ザ・クラッシュやレッド・ツェッペリン、ザ・ローリング・ストーンズ、セックス・ピストルズ、ラモーンズといったバンドの数々が姿を見せ、伝説と呼ぶにふさわしいブロンディのデビー・ハリーが前書きを寄せる、グルーエンの“ファミリー・アルバム”とも言えるこの豪華な写真集は、舞台裏の極めて私的なショットも含めて、グルーエン自身がその長い経歴の中で蓄積してきたお気に入り写真から厳選し監修した集大成となる作品だ。待望の日本版には、日本のロックンロール・ファンたちへの“ボーナス・トラック”として、グルーエン自身が撮影したフジロックの「ロック・シーン」16ページ分が追加収録されるという。

この写真集『ROCK SEEN』の日本版発売を記念し、写真集の中から、ボブ・ディラン、パティ・スミス、ジョニー・サンダース、ザ・クラッシュ、セックス・ピストルズなど、ロック・シーンを代表するミュージシャン総勢100人の写真を展示。その写真を通じて、若かりし彼らの姿と当時のロック・シーンの熱狂を会場で体感してみて欲しい。7月20日(木)から8月6日(日)にわたりパルコミュージアム(池袋パルコ 本館 7F)にて開催され、<FUJI ROCK FESTIVAL '17>のリストバンドを着用した来場者は入場無料となる。

そして、毎年大好評だというフリーペーパー『Festival Echo’17 フェス・エコ』が今年も完成。発行後すぐに品切れになってしまうフェス・エコの魅力はなんと言っても内容の充実っぷりだ。今年も出演アーティストをはじめとするフジロックには欠かせない人たちのスペシャルインタビューやフジロック女子対談、さらに、特集「キャンプインフェスに行こう」では、<朝霧Jam>を特集し、キャンプインフェスの極意を知ることができる。なおこのフェス・エコは、“フジロックの森プロジェクト”の一環である、新潟・湯沢の森林から出る間伐材を活用し、新潟県産材を原材料とした紙「フジロック・ペーパー」を使用している。まずは今週末に渋谷、池袋で開催される<FUJI ROCK DAYS>で、ゲットして欲しい。

と、より一層の盛り上がりを見せているフジロックは、開催まであと2ヶ月。魅力的なラインナップが続々発表されている中、現在受付中のチケット2次先行販売は6月2日(金)23:00までとなる。フジロックのチケットは、早く買うほどリーズナブルのため、気になっている方はオフィシャルサイトよりぜひチェックを。