画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Cerevoは26日、ロボットデスクライト「Lumigent」に、Alexa Voice Serviceを搭載したコンセプトモデルを開発した。同社はAmazonの音声認識技術「Alexa」への対応を表明、今回のLumigentはその第1弾となる。

Lumigentは音声認識機能を搭載し、変形機構を備えたロボットデスクライト。話しかけることで自動で変形・点灯する機能を備える。無線LANや800万画素カメラを搭載しており、机上の書類を撮影してスマートフォンに転送可能。なお、これらの一連の動作も音声のみで実行できる。さらに、Lumigentのカメラはビデオチャットにも使える。

コンセプトモデルでは、従来から採用していた音声認識に加えて、Amazon EchoなどのAlexa対応機器と連携する「Alexa Skill Kit」に対応。Amazon Echoに話しかけるとLumigentが変形・点灯するようになる。現状は英語のみ対応しているが、今後の対応言語はAlexaの提供地域に準じるとしている。

Lumigentの詳細については、別記事の『男子萌え! 変形ロボットライト - 話して点灯、移動や写真撮影も可能』を参照いただきたい。