24日午前、中国華芸広播公司と「旺報」の共同発起による「歴史を心に刻み、国辱を忘れない」をテーマとした、南京大虐殺80周年犠牲者公葬をめぐる一連の活動が南京でスタートした。写真は南京大虐殺記念館。

写真拡大

24日午前、中国華芸広播公司と「旺報」の共同発起による「歴史を心に刻み、国辱を忘れない」をテーマとした、南京大虐殺80周年犠牲者公葬をめぐる一連の活動が南京でスタートした。今後半年の間に、海峡両岸(中国大陸と台湾)では、「バーチャル城壁煉瓦寄付」、テレビドキュメンタリー「南京、1937」、書籍「生存者は語る」、特別テーマ原稿募集、両岸大学生による詩歌朗読、ろうそく祭りなど各種催しが展開される。新華社が伝えた。

91歳になる南京大虐殺生存者の葛道栄さんは、始動式において、「憎しみは少しずつ忘れ去ることができるが、歴史を忘却し、歪曲することはできない。次世代の人々が、この史実を全面的に理解し、戦争が二度と起こることのないよう切に願っている」と語り、世界の誰よりも先に、「バーチャル城壁煉瓦寄付」に犠牲者をしのぶ「煉瓦」を寄付した。この時、「バーチャル城壁煉瓦寄付」サイトが正式に開通した。両岸の人々は、華広網に登録する、あるいは華広網の二次元バーコードをスキャンして携帯端末専用ページに入り、犠牲者に「煉瓦」を寄付することができる。

中国華芸広播公司の邱雨・董事長は、「公葬をめぐる一連の活動は、中国侵略日本軍が繰り返し犯した犯罪について海峡両岸の人々が深い理解を得ることを目的としている。海峡両岸の若者たちは、今この時を重視し、平和を愛し、海峡両岸の平和的な発展のためにともに貢献しなければならない」とコメントした。(提供/人民網日本語版・編集KM)