ダニエル・ラドクリフが死体役!? ポール・ダノも出演『スイス・アーミー・マン』9月公開

写真拡大

 ダニエル・ラドクリフ主演作『スイス・アーミー・マン』が、9月に全国公開されることが決定された。

(参考:死体一つで1時間26分! “出オチ”では終わらない『ジェーン・ドウの解剖』の凄さ

 本作は、2016年のサンダンス映画祭で監督賞、シッチェス・カタロニア国際映画祭では最優秀長編映画賞と主演男優賞などを受賞したサバイバル・アドベンチャー。本作が長編映画デビューとなるCMディレクター出身のダニエル・クワンとダニエル・シャイナート(通称:ダニエルズ)が監督を務める。

 ラドクリフが演じるのは、無人島に流れ着く死体の姿をした“スイス・アーミー・マン”。そのほか、無人島で遭難し、死体とともに家を目指す青年役に『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』のポール・ダノ、ヒロインを『10 クローバーフィールド・レーン』のメアリー・エリザベス・ウィンステッドがそれぞれ演じる。

(リアルサウンド映画部)