25日、台湾の人気ユニットS.H.EのHebeが、11社の企業広告に起用される「CM女王」となっている。写真はHebe。

写真拡大

2017年5月25日、台湾の女性人気ユニットS.H.EのHebeが、11社の企業広告に起用される「CM女王」となっている。自由時報が伝えた。

【その他の写真】

国民的人気ユニットS.H.EのHebeは、メンバー3人の中で最年少。台湾の芸能界には珍しく、結成からすでに16年目と息の長い活動を続けるS.H.Eだが、近年はそれぞれソロ活動に重点を置いている。

ソロ歌手としても人気を集めるHebeは現在、台湾だけで11本のCMを抱える「CM女王」だ。腕時計やヘアケア製品、スマートフォンやお菓子のCMに起用され、その契約料は1億台湾ドル(約3億7000万円)を超える売れっ子となっている。

S.H.Eでは、瀕死の大やけどを負ったことでも知られるSelinaが11年に弁護士と結婚したが、昨年春に離婚。Ellaは12年にビジネスマンと結婚し、第一子の長男を先月出産したばかり。唯一結婚の経験がないのがHebeだが、これまで目立ったスキャンダルもなく、優等生アイドルのイメージを保ち続けている。(翻訳・編集/Mathilda)