死体を使ってサバイバル (C)2016 Ironworks Productions, LLC.

写真拡大

 ダニエル・ラドクリフが死体役で主演を務めた映画「スイス・アーミー・マン」が9月、TOHOシネマズシャンテほかで公開されることが決まった。

 「ハリー・ポッター」シリーズのラドクリフと、「リトル・ミス・サンシャイン」「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」などで知られるポール・ダノが共演した同作は、遭難して無人島にたどり着いた青年が、死体とともに帰還を目指す異色のサバイバルアドベンチャーだ。

 CMディレクター出身の監督コンビ、ダニエル・クワン&ダニエル・シャイナート(通称:ダニエルズ)の初長編作で、2016年のサンダンス映画祭で監督賞、シッチェス・カタロニア国際映画祭で最優秀長編映画賞と主演男優賞を受賞するなど、各国で高い評価を獲得している。メニーという名の男の死体を演じたラドクリフ、死体を使って生き抜こうとする主人公の青年ハンクに扮したダノのほか、「10 クローバーフィールド・レーン」のメアリー・エリザベス・ウィンステッドが共演している。

 無人島に漂着した孤独な青年ハンクは、絶望して命を断とうとしたとき、波打ち際に男の死体が打ち上げられているのを発見する。死体からはガスが出ており、浮力があることに気付いたハンクは意を決し、死体にまたがり無人島脱出を試みるが……。メニーという名の男の死体は、スイス・アーミー・ナイフ(十徳ナイフ)のごとく、さまざまな使い道のある「スイス・アーミー・マン」で、ハンクは愛する人のもとへ帰るため、死体のメニーとともに過酷で奇想天外なサバイバルに乗り出す。