ドイツは勝点4でメキシコと並んだが、得失点差で3位に。(C)Getty Images

写真拡大

 U-20ワールドカップ・グループBの最終節が行なわれ、ベネズエラとメキシコがグループリーグ突破を決めた。
 
 首位に立っていたベネズエラはメキシコを1-0で下し、土付かずの3連勝で1位通過。敗れたメキシコも、得失点差1でドイツを上回り、2位で決勝トーナメント進出を決めた。
 
 一方、ドイツは3-2でバヌアツに勝利し、勝点4でメキシコに並んだが、最下位チームに2点を奪われたことが響いて3位に。バヌアツは3連敗で大会を去った。
 
 決勝トーナメント1回戦では、「B組1位」と「A組or C組or D組の3位チーム」が対戦。また、「D組1位」と「B組or E組or F組の3位チーム」が戦う。
 
 そのため、D組の日本が1位通過するとドイツと、3位通過の場合はベネズエラと対戦する可能性がある。
 
 なお、今大会は各組上位2か国と、3位のなかで成績上位4か国が決勝トーナメントに進出できる。
 
 グループBの最終順位は以下のとおり。
順位 国名    勝点/得失差
1  ベネズエラ 9/10
2  メキシコ  4/0
3  ドイツ   4/-1
4  バヌアツ  0/-9