<世界最凶として名高いロシアのフーリガン。その対策として、ロシア側が用意したのは......またヤツだった>

来年夏に行われる第21回サッカー・ワールドカップ(W杯)で、開催国ロシアのフーリガンが恐れられている。特に昨年の欧州選手権でロシアと対戦しスタジアムが大荒れとなったイングランドのサポーターは、今からすでに戦々恐々だ。しかしロシアには、そんなイングランド・ファンたちのために用意した切り札があるらしい。

世界最強? 露フーリガン

少し古い話になるが、2002年の日韓W杯開催を前にして、「外国にはフーリガンという凶暴なサッカー・ファンがいるらしい」とか、「フーリガンが大勢来日して大暴れしたらどうしよう」という不安が当時囁かれ、メディアでも取り上げられていたのを覚えているだろうか。結果的には、日韓W杯では(少なくとも日本では)フーリガンが問題になることはなかったが、世界的には、大きな大会にはフーリガンが自分のチームを応援しようと国をまたいで大移動するのはよく見られる光景だ。

2016年に行われたUEFA EURO2016(欧州選手権)では、ロシアのフーリガンが開催地のフランス、マルセイユに大挙して訪れ、対戦相手のイングランド・チームと大乱闘になった事件があった。当時テレグラフは、このフーリガンたちはトレーニングを重ねた精鋭150人で、わざわざイングランドとの試合を狙ってロシアから飛行機に乗って喧嘩をしにやって来たと伝えていた。

今年4月28日付のニューヨーク・タイムズは、ロシアのフーリガンがいかに屈強で凶暴かを伝えていた。同記事は、1990年代に生まれたロシアのフーリガンが、さまざまあるフーリガンの中でも、イングランドのそれを手本として発展したとしている。しかし今や、「父」と仰ぐイングランドのフーリガンを追い越し、独自の道を進んでいるらしい。ヨーロッパ式の「ビールに酔っ払っての殴り合い」や、南米式の「まるで民兵のような暴力」を特徴とするフーリガンとは異なり、ロシアの彼らは少なくとも喧嘩中は酒に酔うことなく、体を鍛え上げた軍隊のようなフーリガンだというのだ。


前述のテレグラフは、ロシアのサッカー世界ランキングは29位(当時の話で、今年5月現在はFIFA公式ページによると61位)だが、フーリガンでは世界1位を争うレベル、としている。

松丸さとみ