服に着られていない…!? “ブランド物が安っぽく見えちゃう”女性の特徴

写真拡大

ブランド物の服やバッグは高価なため気軽には買えませんが、みなさんもいくつか持っているのではないでしょうか?
ブランド物を身に付けていると、自分のステータスが上がって周りからのイメージもよくなるような気がしますよね。
しかし、いくら高価な物を身に付けていてもどこか安っぽく見えてしまう人もいます。

そこで今回は、ブランド物が安っぽく見える女性の特徴についてまとめました。

●(1)姿勢が悪い

『ブランド物で固めていても猫背だったら台無しですねー、みずぼらしい印象を受けてます。ブランド物を身に着ける以上は堂々とした姿勢でふるまってほしいものです』(34歳/バーテンダー)

いくらブランド物で着飾っていても姿勢が悪いと安っぽく見えてしまいます。
背中が丸くなってしまうと、スタイルが悪くなるだけでなく顔も伏し目がちになるため、みすぼらしく見えてしまうのです。
普段から顎を引いて背筋を伸ばすように意識 すれば、ブランド物に頼らなくても上品な女性に見えるはずです。

●(2)態度が大きい

『店員への態度が大きかったり言葉遣いが悪いのを見ると着飾っていても育ちが悪いのかな?と思い、見た目と内面のギャップが残念に思います』(32歳/事務)

態度が大きかったり言葉遣いが悪かったりすると、ブランド物を身に付けていても安っぽく見えてしまいます。
ブランド物=上品というイメージがありますが、言動が下品だとせっかくのブランド物も価値が下がってしまうのです。
ブランド物の価値を下げないためにも日ごろから態度や言葉遣いには気を付けるべきでしょう。

●(3)ブランド物ばかり身に付けている

『ブランドものにこだわる人って、ブランドものを身に着けとけばお洒落にみられるだろ!という浅はかさが透けて見えて滑稽に想えます』(29歳/飲食)

ブランド物が好きだからといって、全身に身に付けていると逆に安っぽく見えてしまうことがあります。
自分が選んで着ているのではなく、ブランド物に着せられているように見えてしまうのです。

ブランド物にこだわらず、本当に好きな物や自分に合った物を身に付けた方がよっぽど上品に見えるはずです。

●(4)いつも同じ物

『毎日同じカバンばかり使ってると傷みますよね。せっかく高いブランドものでも傷だらけだと台無しだなぁーって思います』(26歳/営業)

ブランド物でもいつも同じ物ばかりだと、「それしかないの?」と思われてイメージが悪くなってしまいます。
いくら名の知れた高価なブランド物でもいつも同じだと上品さが薄れてしまうのです。
また、何度も使っていると傷が入ったり色あせたりして劣化が進んでしまう ため、見た目がどんどん安っぽくなってしまいます。

たとえお気に入りのブランド物でも、いつも同じにならないように使い分けたほうがいいでしょう。

●(5)流行から遅れたデザイン

『定番ものを買っておけば間違いないのに、昔の流行りを引きずったものを使ってる人をみるといくらブランド物でもダサい印象を持ちます。買い物下手って損ですよねぇ』(30歳/事務)

ブランド物は作りがしっかりしているため長い間使えます。
しかし、ブランド物にもデザインやブランド自体に流行があります。
そのため、まだ使えるからと流行を過ぎた物をいつまでも使っていると安っぽく見えてしまうのです。

長い間使いたいのであれば、老舗ブランドの定番デザインを選ぶ といいかもしれません。

----------

いかがでしたか?
ブランド物を身に付けていても、姿勢や態度が悪かったり使い方が悪かったりすると安っぽく見えてしまいます。
高価なものだからといって安心するのではなく、安っぽく見られないように気を付けた方がいいかもしれません。

(文/恋愛jp編集部)