フォルクスワーゲンは25日、「ゴルフ」シリーズを4年ぶりに刷新し、29日から発売すると発表した。

 「ゴルフ」は、1974 年(日本発売開始は75年)に初代が発売されて以降、40年以上にわたり3,300万台以上を生産。日本では累計で約85万台以上を販売してきた。

 新発売の「ゴルフ」シリーズは「Golf/Golf Variant/Golf Alltrack」(ゴルフ/ゴルフ ヴァリアント/ゴルフ オールトラック)で、全5シリーズ、6モデル、12グレードをラインアップ。価格は249万9,000円から569万9,000円(税込み)。

 新型の主な特長は「直感的な操作を可能にする先進のデジタルインターフェースの採用」「自動運転を見据えた運転支援システムと先進安全技術」「先進性を視覚的に表現した新しいエクステリアデザイン」「スポーツモデルのパフォーマンスを向上」。

 具体的には、渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」や、歩行者検知機能を全グレードに標準装備。また、12.3インチのグラフィック表示ができるデジタルメーターを採用している。

 スポーツモデルのパフォーマンス向上では、10馬力アップの230馬力とした。新型ゴルフアール/バリアントアールは、30馬力アップの310馬力。さらにトランスミッションには新開発の湿式7速DSGが採用されている。