©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会 ©Gugenka from CS-REPORTERS.INC

2017年5月26日(金)、待望のVRアプリ『VRでレムと異世界生活〜添寝編(以下、リゼロVR 添い寝編)』と『VRでレムと異世界生活〜膝枕編(以下、リゼロVR 膝枕編)』がついにリリースされました!

「Re:ゼロから始まる異世界生活(リゼロ)」のレムと2人っきりの世界で添い寝や膝枕をしてもらえるのはもちろん、なんとベッドに横たわるレムを眺めたり、うさぎさんりんごを「あーん」してもらったりできるんです。
さらに、自分の名前の頭文字をもとにしたニックネームで呼びかけてくれるという神機能まで付いています。

そんな、1度体験すると現実世界に帰ってこられなくなってしまいそうな神アプリ『リゼロVR』で、レムとどんなことができるのかを紹介します。
購入を考えている人はぜひ参考にしてください!

レムと2人っきりの空間で異世界生活ができる『リゼロVR』

『リゼロVR』は、レムと2人っきりで異世界生活を送れるVRアプリです。

『リゼロVR 添い寝編』と『リゼロVR 膝枕編』の2種類があり、それぞれのアプリでできることが違います。

この記事では、2種類のアプリそれぞれでレムにどんなことをしてもらえるのかを詳しく紹介しますよ!

詳しい操作方法などはこちら
【リゼロVR】レムの膝枕や添い寝を先行体験! 体感わずか数センチ先にレムがいる感覚がスゴすぎた

『リゼロVR 添い寝編』でできること

添い寝モード

『リゼロVR 添い寝編』のメインコンテンツといえば、やはりアプリのタイトルにもなっている「添い寝」です。

添い寝モードをプレイすると、まず最初に自分が目を開ける時の演出が入ります。
このリアリティ、ハンパない。

(※スクリーンショットは2分割になっていますが、VRゴーグルを使うことで立体的に見えます。そして、レムとの距離はビックリするほど近いです。)


目を開けると、「これからもレムを隣に置いてくれますか・・・?」などとレムが少し話しかけてくれます。

そのあとは、ただひたすら鈴虫が鳴く音が響き渡ります。
この音色を聴いているだけでも癒され、かなり涼しげな雰囲気を味わえます。目を閉じれば快眠できること間違いなし。

もちろん、目を開けるとレムがずっと見守っていてくれています。
レムを見つめると、「フフッ」と言いながらニコッと微笑んでくれます。

ここが天国か。


鑑賞モード1:おやすみ

『リゼロVR』には、空間内を自由に動いてレムを360度好きな方向から眺められる「鑑賞」モードも収録されています。
2種類のアプリそれぞれに4つずつのシチュエーションが用意されていますよ。

『リゼロVR 添い寝編』に収録されている1つ目の鑑賞モードは「おやすみ」です。

ベッドに寝転がっているレムを自由に眺めることができます。


空間内を自由に動き回れるため、こんなきわどい角度からも眺められます。

何がとは言いませんが、この記事ではあえて「見えそうで見えない」角度から眺めた様子を載せておきます。

もっとしゃがんで見た光景は・・・ぜひご自分の目でお確かめ下さい。


鑑賞モード2:ベッドメイク

2つ目の鑑賞モードは「ベッドメイク」です。

レムがベッドの上で四つん這いになってベッドメイクしている様子が360度眺められます。


正面に移動して下から眺めることもできます。
モデリングがかなりリアルで、思わず見とれてしまいます・・・。


また、空間内を自由に移動できるため、レムを背後から眺めることもできますよ。


鑑賞モード3:おしゃべり

3つ目の鑑賞モードは「おしゃべり」です。

ベッドの上に座ったレムと楽しくおしゃべりしている感覚が味わえます。


おしゃべりをしている間は、ずっと目を合わせていてくれます。

自分が上に行けば上目遣いで、自分が下に行けば見下ろす感じで、とにかくずっと見つめてくれます。



そして、下からの眺めが凄すぎます。たまりません。

このボリューム感、3Dで味わうべし。


鑑賞モード4:甘える

4つ目の鑑賞モードは「甘える」です。

ベッドにうつ伏せになったレムを眺められます。
ちょっと困ったような、照れたような、この絶妙な表情・・・そそりますね。


そして背後はこの際どい眺め・・・!!!

「もうちょっと左か右にズレて・・・!」と思った人、残念でした。この記事ではここまでしかお見せできません。
その眺め、ぜひご自分の目でお確かめ下さい。


▼『リゼロVR 添い寝編』のダウンロードはこちら!▼