Androidの父ルービン、謎の新スマホをまもなく発表。モジュール交換式の狭額ハイエンド?
Androidの生みの親として知られるアンディ・ルービン氏が、Google退社後に設立した新会社 Essential で新しいハードウェアを開発しているのはご存知のとおり。3月末には自身のTwitterで新端末を角だけチラ見せしていたもののその後は音沙汰がなく、気になっていた人も多いのではないかと思いますが、どうやら5月30日に発表となるようです。

Androidの父アンディ・ルービンが謎のスマホ画像をチラリ、新会社から発表予定のハイエンド機?

Essential Products がTwitter アカウントを開設し、5月30日に大きな発表を行うと投稿しています。
Essential設立当初の話では、まずハイエンドスマートフォンを開発するということでした。前回ルービン氏がチラ見せしていたベゼルレスな端末がこのハイエンドスマートフォンになると考えられます。

また、EssentialのTwitterアカウントでは、続けて端末のシルエットも投稿。


今年1月にBloombergが伝えたところによると、開発中の新端末はMotorolaのMoto Modsのような拡張端子があり、サードパーティがアクセサリを開発することが可能。Essentialでも360度カメラを開発しているとのことでした。シルエット左上の不自然な出っ張りは、この360度カメラのようです。

実際、4月にもルービン氏は360度カメラに取り組んでいることをほのめかすツイートをしています。このほか、新端末はセラミックボディで、アップルの3D Touchと同様の機能を備えているとも伝えられています。

Androidの生みの親が満を持してリリースする新端末、果たしてどのようなものになるのか、非常に楽しみです。



新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy