目が乾く、瞬きを何度もするなど女性がかかりやすい目の病気ドライアイは不調ではなく病気です。その原因と治療法、セルフチェックなどを紹介。

現代はドライアイになりやすい環境、患者数も増加傾向に

目が乾く、目が痛い、目が開けにくいといった目の症状が起こるドライアイ。現在の推定患者数は800万人といわれ、目を酷使する現代社会ではさらに増加が予想されています。ドライアイは、目の潤い不足や、目が乾くだけと考えがちですが、治療の必要な目の病気です。治療を受けずに放っておくと、目の健康はもちろん全身の疾患を見過ごすことにもなりかねません。ドライアイが進行すると、目の表面が荒れて傷つき、さまざまなトラブルが現れます。実際にドライアイが原因で、外出や仕事などの日常生活に支障をきたしている人もいます。女性のドライアイは男性の2倍弱という調査結果もあります。

ドライアイの原因! 注意したい3つの“コン”

現代社会で、ドライアイの患者を増加させている原因が、パソコン、コンタクトレンズ、エアコンです。この3つの“コン”の影響で涙が蒸発しやすくなると、ドライアイも生じやすくなると思われます。また、睡眠不足や精神的なストレスでも涙の分泌は抑制されます。さらに、化粧品や紫外線の影響で目の表面が傷つくことも原因になります。

◯コンタクトレンズ
コンタクトレンズの装用で、少しでも違和感があったら眼科医に相談をしましょう。定期検査で、涙の状態が変化したり、目が傷つきやすくなっていないかを常にチェックしてください。
◯エアコン
室内の乾燥を防ぎ、加湿器や濡れタオルを置くなどして湿度を保つ。エアコンの風に直接当たらないように、風向きや机の位置を変えましょう。
◯パソコン
コンピューターを使って長い時間仕事をするときはこまめに休憩をとり、そのたびに点眼薬を使いましょう。画面は目線より下にくるように設定すると目が楽に。

目の不快症状が続くなら、病院を受診して

目の乾きや、ゴロゴロ感が気になったらまず下のセルフチェックを試してみましょう。1年以内に繰り返し起きるようになった症状について答えてください。半分以上にチェックがついた場合はドライアイの可能性が高く、チェック数が多いほど重症の可能性があります。

□目が重い感じがして疲れやすい
□目がゴロゴロして痛い
□目がショボショボする
□目やにが出やすい
□目が充血しやすい
□光がまぶしく感じる
□夕方にかけて目がかすむ
□理由もなく涙が出る
□朝起きたときに、目が開けにくい
□まばたきをしないで、10秒以上目を開けていられない
□コンタクトレンズの装用感が悪い
□なんとなく目に不快感がある状態が長時間続いている

ドライアイの可能性が高い人は、病院を受診しましょう。専門外来だけではなく、一般の眼科でも検査や治療が受けられます。検査は簡単で、だいたいその日のうちに結果が出るものがほとんど。主な治療は、「人口涙液」と「ヒアルロン酸点眼液」で行なわれます。

もしドライアイと診断されたら、医師の指示通りに点眼液を使うのに加え、睡眠不足、メイクや化粧落としで目の周囲に刺激を与える、寒い戸外に長時間いる、紫外線を目に浴びるなどは極力避けましょう。ドライアイの症状が軽ければ、数週間や1カ月くらいで症状が改善することも多いそう。不快症状を我慢せずに、まず医師に相談してみましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと