ディズニー・オン・クラシック/Presentation made under license from Disney Concerts (c) Disney All rights reserved

写真拡大

東急シアターオーブでは、ディズニーの名曲の数々をフルオーケストラの演奏で送る「ディズニー・オン・クラシック 〜春の音楽祭 2017」が5月25日(木)より開幕。6月4日(日)までの期間、計11公演が開催される。

【写真を見る】スクリーンには物語の名場面が映し出される/Presentation made under license from Disney Concerts (c) Disney All rights reserved

3回目の開催となる今年は、「モアナと伝説の海」や、エマ・ワトソン主演の「美女と野獣」といったディズニーの新作映画をはじめ、「メリー・ポピンズ」、「ポカホンタス」といった幅広い年代の不朽の名作などからも人気曲をセレクト。まるでポップスのライブ会場のような、会場全体の熱い手拍子に包まれるオープニング曲「トライ・エヴリシング」(「ズートピア」)、スクリーンに映し出される物語の名場面とともに、まるでミュージカルを見ているかのような迫真の演技と歌を楽しめる「ノートルダムの鐘」など、見どころ満載のコンサートとなっている。

指揮・編曲のブラッド・ケリー氏は「プログラムAもプログラムBも聴きどころ満載で、ぜひ両方見ていただきたい。今までで、最も濃く挑戦的なプログラム」とコメント。聞きごたえある演奏をぜひ堪能してほしい。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】