FNCの新人バンドHONEYST、シーズンイベント「漢江ライディング・バスキング」開催

写真拡大

新人バンドHONEYST(ハニスト) が「漢江(ハンガン) ライディング・バスキング(路上公演)」で春のピクニック客を魅了する。

最近、大学の学園祭期間に「キャンパス・バスキング・ツアー」を成功裏に終えたバンドHONEYSTは、今週末に「漢江ライディング・バスキング」を開く。今回のバスキングでは、漢江ピクニックの客のためのセットリストで、新鮮な楽しさを与える。

5月17日に韓国デビューシングル「惚れそう」を発売したHONEYSTは、シーズンごとに若者たちが集まる場所を探して公演を披露する「ハニーシーズン・バスキング・プロジェクト」を進行中。11日世宗(セジョン) 大、16日と23日はソウル大、17日と19日はソウル科学技術大、22日と24日は慶熙(キョンヒ) 大、25日は東国(トングク) 大など、8回に渡って「キャンパス・バスキング・ツアー」を開催し、温かな春にぴったりのアコースティックな感性でキャンパスを包んだ。新たに始める「漢江ライディング・バスキング」では、春のピクニック客のウキウキした気分をさらに盛り上げる予定だ。

弘大(ホンデ) ライブクラブなどで地道に公演を重ねて実力を積んできたHONEYSTはソ・ドンソン(ベース、ボーカル)、キム・チョルミン(ボーカル、ギター、キーボード)、キム・ファン(ギター、ボーカル)、オ・スンソク(ドラム) で構成された4人組バンド。彼らが披露した1stシングル「惚れそう」には、ボーカルのキム・チョルミンが作詞作曲に参加した軽快なタイトル曲「惚れそう」、ソ・ドンソンが作詞に参加した甘いラブソング「My Girl」、キム・チョルミンが作詞作曲した温かいメロディの「感情」が収録され、メンバーの実力を確認することができる。

また、デビューと同時に「ハニーシーズン・バスキング・プロジェクト」を始めたHONEYSTは、今春のプロジェクト「キャンパス・バスキング・ツアー」と「漢江ライディング・バスキング」後も、各シーズンにふさわしいさまざまなコンセプトのバスキングを展開していく予定だ。