“アイドル育成プロジェクト”Mnet「アイドル学校」7月編成を確定…超豪華教師陣の出演も決定

写真拡大

Mnetのアイドル育成プロジェクト「アイドル学校」が放送の時期を7月に確定した。担任としてSUPER JUNIORのヒチョルが起用されたのに続き、音楽統括プロデューサーはブラック・アイド・ピルスンに決まった。

制作陣によると「アイドル学校」は7月編成を確定した。

明日(27日) 午後5時「アイドル学校」の公式Facebookで行われる公開授業は、担任の先生として任命されたヒチョルが司会を務め、音楽統括プロデューサーとして任命されたブラック・アイド・ピルスン、音楽教師と振付教師に任命されたチャン・ジニョンとパク・ジュニが出演する。

音楽教師のチャン・ジニョンは、過去BlackBeatのメンバーとして活躍し、現在SMエンターテインメントの専属ボーカルトレーナーとして活動しており、SHINee、EXO、Red Velvetなど多くの歌手をトレーニングした。また、最近KBS 2TV「お姉さんたちのスラムダンク2」でもボーカルトレーナーとして活躍し、能力を認められている。振付教師のパク・ジュニは、ガールズグループのパワフルな群舞を創作する振付師として有名だ。パク・ジュニが創作した振付としては、GFRIENDの「時間を走って」「今日から私たちは」「ガラス球」などがあり、最近多くのガールズグループからラブコールを受けている人気振付師だ。

ブラック・アイド・ピルスンは「アイドル学校」の音楽統括プロデューサーとして、プロジェクトの始まりから、番組終了直後にデビューする「アイドル学校」の学生たちのデビュー曲まで、音楽プロデュース全体を担当する予定だ。音楽統括プロデューサーブラック・アイド・ピルスンの最初の作業は「アイドル学校」の公式校歌「きれいだから」だ。この曲は、27日午後5時に「アイドル学校」の公式Facebookで行われるオンライン公開授業を通じて初公開される。

27日の公開授業の科目は、1限「校歌発声の基礎(音楽教師:チャン・ジニョン)」2限「校歌振付の理解(振付教師:パク・ジュニ)」の授業が行われる。この日の公開授業は、6月3日(土) に行われる「アイドル学校」入学のための実技テストのテスト範囲で、「アイドル学校」の予備入学生は、超豪華な教師ラインナップが準備したオンライン公開授業を受け、これを身につけて入学実技テストを受けるようになる。

Mnetのアイドル育成プロジェクト「アイドル学校」に入学すると、11週間の全教育課程を履修し、教育課程が終了した後、卒業試験に合格した最優秀学生たちが2107年下半期に、卒業と同時にガールズグループとして即時デビューすることになる。編成は7月である。