ブロックチェーンで「オフィスも社員も不要」になる?

写真拡大 (全2枚)

ビットコインに使われる分散型台帳テクノロジー「ブロックチェーン」が、企業・組織の在り方を一変させる──。

そう語るのは、『ブロックチェーン・レボリューション──ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか』の共著者で、カナダのトロントに住む若手起業家、アレックス・タプスコットだ。次世代の企業のあるべき姿とは何かについて、タプスコットに語ってもらった。

─まず、ブロックチェーンが組織の在り方をどう変えるのか、教えてください。

組織の体系や機能を一新させる。ブロックチェーンは、「第2世代のインターネット」の代表格であり、IoT(モノのインターネット)や自動化、ビッグデータなど、重要な新トレンドを支えるパワフルなテクノロジーだ。第2世代とは、ウェブやモバイルなど情報のインターネットから、ブロックチェーンを基にした「価値のインターネット」への移行を指す。

世界中の個人や企業、機関がP2Pで商取引を行い、価値を生み出す世界を想像してみてほしい。信頼構築や取引の調整を、中央集権化された仲介機関に任せる必要もなくなる。お金の移動だけでなく、価値の移動・保存・管理や取引、交渉、契約の実行、信頼の構築まで、すべてが自分たちの手にゆだねられるのだ。

─『ブロックチェーン・レボリューション』に未来のビジネスモデルとして登場する「スマートコントラクト(自律的契約)」や「自律分散型組織(DAO)」とは、どのようなものですか。

ブロックチェーンは、ビットコインに使われる分散型台帳テクノロジーだがスマートコントラクトとは、当事者間の契約条件を再現し、取引の実行や支払いのための価値の移動を(ブロックチェーン上で)自動的に遂行するソフトウェアのことだ。弁護士や銀行などの仲介機関も不要になる。これが実用化されれば、金融界に大変革が起こる。株式や債券などの金融サービス・資産の大半は、それ自体が契約形態の一種だからだ。

スマートコントラクトで取引コストが大幅に削減されれば、新たなビジネスモデルも生まれる。企業にとって最大の負担である、外部の業者などとの取引コストを抑えることができれば、人を雇って社内で業務を行う必然性がなくなるからだ。

もちろん、第1世代のインターネットの誕生も、企業に変化をもたらした。通信コストや、社外の業者を探してコラボレーションするコストが下がったことで、1990年代には、自社の根幹を成す事業に専念し、その他は外部委託することが米企業のマントラ(スローガン)になった。

だが、企業の形態は、さほど変わらなかった。企業にとって最大の負担は、通信コストなどでなく、取引や交渉、契約実行、信頼構築のコストだからだ。スマートコントラクトで、こうしたコストが激減すれば、新しい形の企業形態が可能になる。人間と人工知能(AI)がコネクトし、従来の企業がやっていることの多くをスマートコントラクトが実行するDAOだ。

取引や交渉、契約実行、信頼構築がネットワーク上で行われるため、オフィスも従来の社員も必要ない。人間が介在するにしても、ネットワーク上で緩やかにつながるだけだ。契約条件はスマートコントラクトと自律化のコラボレーションで実行され、経営陣の役割や行動も、企業の目的などに合うようにプログラム化される。

著書の執筆当時、こうしたアイデアは仮定の話でしかなかったが、この1年で多くの新型組織が生まれている。2016年には、クラウドファンディングで巨額の資金を調達したDAO、「The DAO」が注目を集めた。ブロックチェーン業界への投資を目的とする、スマートコントラクトが複数集まった、プログラムによって半ば自動的に運営される組織だ。

興味深いことに、こうした新型組織は組織だけでなく、資金調達の形も変えた。彼らがICO(仮想通貨による資金調達)で集めた資金は昨年、2億ドルに達している。世界中の何百万人という投資家が、スマートコントラクトによるP2Pの大規模なICOを行えば、VC(ベンチャーキャピタル)も投資銀行も不要だ。今年は、自律的スタートアップが、ICOでさらなる資金を集めるに違いない。資本主義の歴史に残る年になるだろう。

財務や会計など、各部署のルールも変わる。複式簿記に加え、取引がスマートコントラクトなど分散型台帳にも記録され、三式簿記会計システムが採用されれば、規制当局や監査会社がリアルタイムで企業活動を確認できる。人間がかかわる余地が少なくなり、財務部のルールが一変する。

─あなたの著書によると、イーサリアム開発などを行うニューヨークのブロックチェーン系ベンチャー、コンセンシスは、ヒエラルキーのないコラボレーション型経営方式「ホラクラシー」を採用し、スマートコントラクトによる自律分散型組織を目指しているそうですね(注:イーサリアムは、スマートコントラクト構築のためのプラットフォーム)。テクノロジーは、人間によるマネジメントに終焉をもたらすのでしょうか。

いや、終焉が訪れるわけではない。要は、人間とAIがコラボレーションして価値を生み出す際に、新しい形の経営が必要になるということだ。横並びの分散型組織では、仕事は自律的に行われる。経営陣が不要になると仮定するのは時期尚早だが、役割が変わるのは確かだ。権限の委譲や社内政治といった従来の企業の特色が薄れる。

マネジメントのプログラム化は、人間の弱点や、自己の利益を追求するあまり、反組織的リスクを取る社員のモラルハザードを排除できる。スマートコントラクトや、プログラム化された指示に合わせて自ら行動するソフトウェア「自律エージェント」を使えば、人間の感情や弱みを排除・制限し、意思決定を行える。その結果、経営の効率性が高まるかもしれない。

コンセンシス(ConsenSys)は分散型経営という斬新的なビジネスモデルの草分けだが、未来の組織の形をすべて具現化しているわけではない。さらなる進化の可能性としては、顧客・社外パートナーとの契約から社内の福利厚生まで、すべてをスマートコントラクトと自律経営にゆだねることなどが挙げられる。最先端企業だけに、すでに実現しているかもしれないが。

次世代企業の一例として、ICOで資金調達し、コンセンシスと提携関係にあるSingularDTV(シンギュラーDTV)も挙げられる。ブロックチェーンによる分散型エンターテインメント・デジタルコンテンツの制作配信・管理プラットフォームの開発などが主な業務だ。

─あなたが本のなかで描いている企業の未来図では、自律エージェント、つまりソフトウェアが意思決定を行い、仕事を進め、管理職も不在です。現時点では「SFの世界に近い」と書かれていますが。

いつ実現するかはわからないが、テクノロジーの進化は加速する。未来は予言するものではなく達成するものだ、とだけ言っておこう。自律エージェントが三式簿記会計や経営を行うDAOの世界では、会計士も管理職も今ほど必要なくなるだろう。

新テクノロジーによる破壊は、雇用だけでなく、既存企業にも及ぶ。問題は、従来の枠組みに慣れた企業のリーダーが、この新しい世界を受け入れるかどうかだ。自動車メーカーがウーバーを生み出せなかったように、抵抗する者は敗れる運命にある。既存企業は、自社を破壊する覚悟で変革に臨み、変化に抵抗するという「イノベーターのジレンマ」に陥らないようにすべきだ。

これからの時代、進んで順応しようとする姿勢が、企業にとって最も重要な属性の一つになろう。


アレックス・タプスコット◎投資銀行での実務を経て、現在ブロックチェーン関連ビジネスへのアドバイザリーを行うノースウエスト・パッセージ・ベンチャーズ社創業者兼CEO。ブロックチェーン時代の若手オピニオンリーダーとして「タイム」誌や「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌をはじめ、多数の有名メディアに寄稿。カナダのトロント在住。