自動車用ヘッドアップディスプレイ「HUDネオトーキョー」を発売

写真拡大 (全4枚)

モジは、自動車用ヘッドアップディスプレイ「HUDネオトーキョー」を2017年5月25日に発売した。価格は6,980円。

本製品は、フロントガラスに速度計/回転計/水温計/時計/燃費などを投射表示するHUD。視線移動が減り、見慣れた車窓風景が近未来SF風に変わる。

車内のOBD2コネクタにつなげてダッシュボードに固定するだけ、工具不要3分で設置完了する。なお、OBD2は2008年10月以降の車に装備されている。

本体には5.5インチ高輝度マルチカラーLED採用。反射フィルムなしで昼間でも見える。ハイブリッド等のエンジン自動停止始動装置付車両にも対応。

オートパワーON/OFF、自動輝度調節センサー付。付属品は日本語マニュアル、OBD2ケーブル、固定用マジックテープ。



■HUDネオトーキョー

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
・360度全方位ドライブレコーダーにバックカメラ機能を追加できるバックカメラ
・こびりついた汚れも簡単に落とせるお掃除用電動ブラシ
・JAPANNEXT、65型曲面4K液晶ディスプレイ「JN-VC650UHD」を発表
・HDMI、コンポジット入力対応の「バッテリー内蔵10インチマルチメディアモニター」
・Bluetooth接続でスポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620」シリーズを発売