Apirl、新曲「MAYDAY」MVの予告映像を公開…70年代風のレトロスタイルに“視線集中”

写真拡大

Apirlが2ndシングル「MAYDAY」のミュージックビデオの予告映像を公開した。

本日(26日) 0時、Apirlの公式YouTubeおよびSNSを通じて公開された今回の映像は、1970年代を背景にその時代をリードする導いていく様々なシーンの女性の姿を表わして面白みを増した。

Apirlのメンバーは、70年代の映画俳優、音楽鑑賞室のDJ、洋服店のデザイナー、女子高生、文学作品「離れの客とお母さん」のオクヒ、ミニスカートを着たファッションリーダーなどに扮して魅力を発散した。

Apirlの風変わりな変身と共に「今日に限って、なぜこんなに君が素敵に見えるの、私の目にいったい何をかぶせたの、私どうしちゃったの、アララララ」「顔がホット ホット ホット、しきりに赤くなる、私」のような元気ハツラツとした歌詞とエネルギーあふれるメロディが爽やかさを倍増させた。

新曲「MAYDAY」は恋に落ちる直前のドキドキ感を、非常事態を意味する単語に比喩して、ウィットに富んだ歌詞とイントロ部分の一風変わったサウンドがシグネチャーで使われて、新鮮さを倍増させる。これに対し“ピュアアイドル”Apirlの愛らしいパフォーマンスまで加わり、期待感を増幅させた。

「MAYDAY」は29日午後6時に公開される。