25日、韓国・スターニュースによると、韓国の映画監督が関東大震災を題材にした作品で、加害者としての歴史を認めない日本に忠告した。写真は映画「朴烈」のイメージ画像。

写真拡大

2017年5月25日、韓国・スターニュースによると、韓国の映画監督が関東大震災を題材にした作品で、加害者としての歴史を認めない日本に忠告した。

韓国の映画監督で映画制作者のイ・ジュニク監督は25日午前、ソウル市内の複合映画施設「メガボックス」で開かれた自身の作品「朴烈(パクヨル)」(原題)の制作発表会で、同作で1923年の関東大震災をテーマとしたことについて「正確に日本を見る目を持つ必要がある」と述べた。

イ監督は「私たちの目から見ると、日本は明らかに(朝鮮を侵略・占領した)加害者だ。しかしながら日本は被害者ぶってばかりいる。反省を通じて、こうした点が改善されねばならない」と述べるとともに、「慰安婦だけでなく、関東大震災(の混乱の中で起きた朝鮮人殺害)も(日本は)加害者でありながら(地震による)被害者を装っている」と指摘した。

また、「私は歴史を教えようとする『年寄りのマインド』なのかもしれないが、それでも映画を通じて感じてもらえることがあれば幸い」と語った。

映画「朴烈」は、「関東大震災後の日本で6000人の朝鮮人が殺害された事実を隠蔽(いんぺい)しようとする日本に正面から対抗した朝鮮の社会運動家・朴烈と、彼の同志であり恋人であった金子文子との波乱万丈の生涯を描いた作品」といい、韓国で6月28日から公開される。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「監督の姿勢を誇りに思う」「必要な時に正しいことを大胆に発言する姿勢は素晴らしい」「この映画を見ていろいろなことを考えてみたい」「ぜひ見に行きたい」など、イ監督と彼の新作に好意的な意見が寄せられた。

また、「日本が加害者としての歴史を認めないというのは正しい。これは彼の個人的な考えではない。先日、広島平和記念資料館に行ってきたが、太平洋戦争がなぜ起こったのかについては説明がなく、日本が原爆の被害を受けたことだけを強調していた。日本帝国主義のせいで朝鮮人徴用者だけでなく何の罪もない多くの日本の市民も死んだ。強く反省することを望む」とする意見もあった。(翻訳・編集/三田)