26日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、「ひふみん」こと将棋の加藤一二三(ひふみ)九段が前歯を入れない理由を明かした。

番組では、ゲストとして加藤氏が登場し、視聴者からの投稿を交えながら自身について語っていた。その中で「どうして前歯を入れないのか」という質問が寄せられる。

これに加藤氏は、頭の動きが鈍ると打ち明けた。なんでも、過去に前歯を入れた際「頭の働きが止まって」しまったというのだ。花を見ても美しいと思えないなど「感動というものがなくなった」そうだ。

そして同じ時期に、バイオリニストが「歯を入れたらバイオリンの演奏ができなくなったので歯を取ってもらった」と、自身と似たような体験記を読んで、自分の前歯を取り外したと明かした。

なお、前歯を入れていた時期は「生涯の最大の危機」だったと振り返っており、「頭の働きがまったく止まったらかなり厳しい」と将棋士としての苦悩を説明していた。加藤氏は、前歯をめぐる質問は多いとしながら「生涯このままです」と宣言した。

【関連記事】
将棋棋士の加藤一二三氏が「ビビット」取材に偶然出演「将棋大好き 加藤さん(77)」
菅田将暉 部活で腕立て伏せを限界まで続けた結果「前歯を…」
イモトアヤコが「イッテQ」で歯がボロボロ インプラント代70万円を要望