北朝鮮の対南宣伝団体である民族和解協議会(民和協)の代弁人(スポークスマン)は25日、韓国の保守勢力を非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話は、洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏をはじめとする保守勢力が「北が核とミサイルを放棄しない限り、対話はあり得ない」としながら悪態を連日ついていると非難した。

また、韓国大手紙の朝鮮日報や東亜日報などが、「南北関係を対話で解決するということは幻想である」「政府は北に断固たるメッセージを送るべきだ」などとしながら騒ぎ立てていると指摘した。

談話は、こうした保守勢力の主張に対して、「北南関係の改善と統一に対する全民族の大きな期待と非常に高い熱望に水を差し、対決のかんぬきをより深く差し込む極悪な反民族的妄動である」と糾弾した。

さらに、「かいらい保守一味が民族の志向と大勢の流れに逆行して北南関係の改善を阻み続けるなら、生き尽くした歴史のくずの群れとしての自分らの悲惨な終えんをいっそう早めることになるだけである」と強調した。