あわや出国不可能というアクシデントに見舞われたマット・シェパード【Getty Images】

写真拡大

スペイン遠征直前にあわや出国不可の事態…その理由が英国で話題に

 ラグビー・イングランド3部リーグに所属する選手が、スペイン遠征前に愛犬にパスポートを食べられてしまい、あわや出国不可能というアクシデントに見舞われ、話題になっている。英公共放送「BBC」が報じている。

 愛らしい飼い犬に“反則”を食らったのは、ナショナルリーグ1部(英3部相当)2位につけるプリマス・アルビオンのフルバック、マット・シェパード。名前も愛犬家にふさわしいラガーマンは、今季のチームでの活躍が認められ、ラグビー連合の選抜チームの一員としてスペイン遠征を控えていた際、ある異変に気付いたという。

「帰宅したら、床に紙切れが転がっていたんだ。最初は何なのかわからなかった。ベッドを見ると、彼がパスポートを咥えていたんだ。ショック状態でどうすればいいのか分からなかったよ」

 記事では、シェパードはこう語ったという。「彼」とは耳が大きく垂れ下がったコッカー・スパニエルという犬種のミスター・ブーツ君のこと。主人がパスポートの有効期限を確認しようと、テーブルの上に置いていたパスポートを食べてしまっていたというのだ。

“反則”の結末は? ミスター・ブーツ君に“ペナルティ”は?

「アマチュアラグビーにとっては本当に本当に大きなことなんだ」とスペイン遠征2試合を心待ちにしていたシェパードには、救いの手が差し伸べられた。遠征に参加できるように、外務省が特例でパスポートの再発行手続きを早めたという。

「当局が手続きをスピードアップしてくれることで合意してくれた。国を代表して試合ができるように助けてくれたんだ」

 再発行手続きのためにニューポートのパスポートセンターまでの往復8時間のドライブは避けることはできなかったが、シェパードは遠征不参加という事態を免れることはできた。

 悪夢の事態にもシェパードはミスター・ブーツ君に“ペナルティ”を科すことはしなかった。

「僕の責任だ。テーブルの上に置いてしまったのだから。でも、これも成長曲線だよね。子犬に怒ることなんてできないよね」

 愛犬家ラガーマンのアクシデントはタイムズ、プリマス・ヘラルドなど地元紙にも紹介され、英国で大きな話題になっている。